法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

地方自治のあり方

当サイトはこれまで様々な情報を発信してきましたが、その中で「地方自治のあり方」に関わっては次のような情報がありますので、ご案内します(執筆者の肩書きなどは執筆当時のそのままにしています)。
地方行政をめぐる諸問題」、「沖縄基地問題」のページにも関連情報が掲載されていますので、あわせてご覧ください。


今週の一言

<地方自治のあり方・地域創生問題>
「日本の民主主義と地方自治のあり方の本質を問う」平良暁志さん(沖縄「建白書」を実現し未来を拓く島ぐるみ会議 事務局統括)
「ばら撒き的な『地方創生』政策と地方自治原則」池上洋通さん(自治体問題研究所理事、多摩住民自治研究所研究室長、日野・市民自治研究所理事)
「『地方創生』のねらいと対抗軸」岡田知弘さん(京都大学教授)
「政府が進める地方創生をどう考えるか」中山徹さん(奈良女子大学教授)
「国旗とこの国の姿」曽我逸郎さん(長野県中川村長)
「ディーセント・デモクラシーの思考始め〜大阪から民主主義のあり方を考える」白藤博行さん(専修大学法学部教授)
「原子力発電と日本国憲法」飯島滋明さん(名古屋学院大学)
「憲法を地方自治に生かす」都丸哲也さん(元保谷市長、「九条の会東京連絡会」事務局代表)
「メタボ化する都市、飢餓化する地方〜地方分権改革推進委員会・第1次勧告は出されたけれど」白藤博行さん(専修大学教授)
「経済学と憲法」二宮厚美さん(神戸大学教授)
「憲法と地方自治の本旨をかみしめて・・・」上原公子さん(国立市長)

<地方行政に関わる諸制度など>
「ヘイト・スピーチ規制の現状と課題──ヘイト・スピーチをなくすために」榎透さん(専修大学法学部教授)
「待機児童対策と子どもの権利」普光院亜紀さん(保育園を考える親の会代表・保育ジャーナリスト)
「原発再稼働の拒否権を市民自治で可能にする」上原公子さん(脱原発をめざす首長会議事務局長) 
「ヘイトスピーチ解消法と今後の課題」郭辰雄さん(特定非営利活動法人コリアNGOセンター 代表理事)
「医療費抑制と地方統制を強める医療保険制度改革関連法案」長友薫輝さん(三重短期大学教授)
「教育委員会制度『改革』について」中嶋哲彦さん(名古屋大学教授)
「国立の住基ネット裁判 − 国家権力になびく司法を踏みとどまらせた国立の住民自治」関口博さん(前国立市長)
「風営法からダンス規制の撤廃を!」中村和雄さん(Let's DANCE法律家の会代表・弁護士)
「三権分立の重要性〜『請求権放棄と地方議会を考える』シンポジウムにご参加ください」丸山美子さん(檜原村住民訴訟原告・檜原村議会議員)
「治安政策としての『安全・安心まちづくり』」清水雅彦さん(明治大学兼任講師)
「玉穂町住民訴訟の意義について」小笠原忠彦さん(弁護士)
「『国民保護体制』と、自由の基礎としての第9条の意義」石埼学さん(亜細亜大学助教授)
「隠された狙い」鈴木猛さん(日本国民救援会中央本部事務局次長)

浦部法穂の「憲法雑記帳」

「合区」解消へ「改憲」?


大人のための憲法理論入門

「全国民の代表」とは?
「一票の格差」と「地域格差」


浦部法穂の憲法時評

6億円のむだ遣い
政治が教育を支配しようとするとき
国民を信用していない?
民主主義とは何か
住基ネットと「共通番号制」
地方議会と首長
「教育基本条例」案

中高生のための憲法教室

米軍再編と地方自治


日本全国憲法MAP

箕面忠魂碑訴訟

■ときの話題と憲法

地域の崩壊進む
全国で革新自治体広がる

憲法教育を考える

中学・高校での憲法教育と地方自治――教育への期待
震災で生き残った一本松と地方自治
中学・高校の憲法教育への期待――地元をつくる地方自治

■「地方自治のあり方」に関連する憲法条文等

第92条 地方公共団体の組織及び運営に関する事項は、地方自治の本旨に基いて、法律でこれを定める。
第93条 地方公共団体には、法律の定めるところにより、その議事機関として議会を設置する。
2 地方公共団体の長、その議会の議員及び法律の定めるその他の吏員は、その地方公共団体の住民が、直接これを選挙する。
第94条 地方公共団体は、その財産を管理し、事務を処理し、及び行政を執行する権能を有し、法律の範囲内で条例を制定することができる。
第95条 一の地方公共団体のみに適用される特別法は、法律の定めるところにより、その地方公共団体の住民の投票においてその過半数の同意を得なければ、国会は、これを制定することができない。

憲法92〜95条についての伊藤真所長による解説はこちら


当サイトではこれまで様々な書籍や映画を紹介してきましたが、「地方自治のあり方」を考える上で有益なものも多くあります。こちらをご覧ください。

 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]