法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

一人一票要求・選挙制度

 当サイトはこれまで様々な情報を発信してきましたが、その中で「一人一票要求・選挙制度」に関わっては次のような情報がありますので、ご案内します(執筆者の肩書きなどは執筆当時のそのままにしています)。


今週の一言


<一人一票要求>
「"But the beautiful thing about our Constitution is that, like our society, it can evolve."」鶴本圭子さん(一人一票実現訴訟原告)
「一人一票を実現しよう!」工藤実和子さん(NPO法人一人一票実現国民会議事務局)
「一票の格差訴訟の最高裁口頭弁論を傍聴して」横井幸夫さん(一人一票実現国民会議運営委員)
「平成24年衆議院議員選挙無効訴訟に対する平成25年最高裁判決の意義と問題点」黒田健二さん(弁護士・本件訴訟弁護団・黒田法律事務所代表)
「一人一票の実現に対立する利益とは」賀川進太郎さん(一人一票裁判広島高裁岡山支部弁護団)
「1人1票と多文化主義法制度」殷勇基さん(弁護士)
「日本の民主主義の歪み 〜代表民主主義と司法の関わりを中心に」福田 博さん(弁護士、「西村あさひ法律事務所」顧問、元最高裁判事)
「「1人1票」は憲法上の原則 ?最高裁判決の意義と今後の課題」伊藤真(法学館憲法研究所所長・伊藤塾塾長)
「「ONE for ONE 〜#ippyoの歌〜」で「一人一票」を実現しよう!」サンプラザ中野くんさん(ロック歌手)
「憲法に定める「平等」の意味は?」古谷洋三さん(一人一票実現国民会議運営委員)
「最高裁裁判官国民審査権は参政権」升永英俊さん(弁護士)
「日本を、有権者の多数決で立法しかつ行政府の長を選ぶ民主主義国家へ変えよう」升永英俊さん(弁護士)
「「最高裁裁判官の国民審査」で「平和の意思表示」を」川口創さん(弁護士・イラク派兵差止訴訟弁護団事務局長)

<選挙制度>
「勝訴! 成年被後見人の選挙権回復の裁判」杉浦ひとみさん(弁護士・成年被後見人選挙権回復裁判代理人)
「2012年総選挙に現れた選挙制度の問題点」紅林進(フリーライター・「小選挙区制廃止をめざす連絡会」幹事)
「国会議員定数削減問題・民主的選挙制度実現の課題」横山聡さん(弁護士)
「衆議院の比例定数削減を考える」山口真美さん(弁護士)
「民主主義の根幹が問われる公務員の政治的行為の規制事件」加藤健次さん(弁護士・国公法弾圧事件弁護団事務局長)
「衆参対等・連立時代における比例定数削減の愚」小堀眞裕さん(立命館大学法学部教授)
「比例定数削減は民主主義の危機だ」日隅一雄さん(弁護士・NPJ編集長)
「人生最後の1票を投じたい 〜小規模施設入居者の参政権保障のために」国光哲夫さん(特別養護老人ホームなんぶやすらぎホーム施設長)
「自由な選挙運動は市民の権利」河野善一郎さん(弁護士)



浦部法穂の「憲法雑記帳」

「合区」解消へ「改憲」?


大人のための憲法理論入門

「全国民の代表」とは?
「一票の格差」と「地域格差」


浦部法穂の憲法時評

「違憲状態」の国会
一票の格差


日本全国憲法MAP

議員定数違憲訴訟
■憲法教育を考える

「AKB48の総選挙を題材に憲法の授業を考えてみたら〜一票の持つ価値を子どもたちと一緒に考える」
「一人一票」は民主主義の学校:憲法価値実践教育のススメ」
中高生のための憲法教室

第38回<議員定数不均衡問題>

■その他
「拝啓 安倍晋三様 あなたが「改憲」に前のめりになるのは筋が違いませんか?」法学館憲法研究所
「車の両輪」(PDF)
「一人一票実現国民会議」WEBサイト

■「一人一票要求・選挙制度」に関連する憲法条文等

第13条 すべて国民は、個人として尊重される。生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、公共の福祉に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大の尊重を必要とする。
第14条 すべて国民は、法の下に平等であつて、人種、信条、性別、社会的身分又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない。
2 華族その他の貴族の制度は、これを認めない。
3 栄誉、勲章その他の栄典の授与は、いかなる特権も伴はない。栄典の授与は、現にこれを有し、又は将来これを受けるものの一代に限り、その効力を有する。
第43条 両議院は、全国民を代表する選挙された議員でこれを組織する。
2 両議院の定数は、法律でこれを定める。
第47条 選挙区、投票の方法その他両議院の議員の選挙に関する事項は、法律でこれを定める。

憲法13条についての伊藤真所長による解説はこちら
憲法14条についての伊藤真所長による解説はこちら
憲法43条についての伊藤真所長による解説はこちら
憲法47条についての伊藤真所長による解説はこちら


■関連WEBサイト・ページ

「一人一票実現国民会議」WEBサイト

当サイトではこれまで様々な書籍や映画を紹介してきましたが、「一人一票要求・選挙制度」を考える上で有益なものも多くあります。こちらをご覧ください。

当サイトに搭載している「憲法文献データベース」はテーマ別、著者別などで検索できるようになっていますので、あわせてご活用ください。
「分類選択」の中の「選挙制度」に多くの関連憲法文献を紹介しています。また「キーワード (タイトル)」のところに、「一人一票」「投票価値」等々関心ある用語を入力して検索することもできます。

 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]