法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

社会保障と憲法 (1)(医療、介護、年金)

 当サイトはこれまで様々な情報を発信してきましたが、その中で「社会保障と憲法 (1)(医療、介護、年金)」に関わっては次のような情報がありますので、ご案内します(執筆者の肩書きなどは執筆当時のそのままにしています)。
 なお、「生存権」・「社会保障と憲法 (2)(生活保護)」・「社会保障と憲法 (3)(各種福祉・公衆衛生)」のページにも関連情報を記載していますのでご覧ください。


今週の一言

<医療・介護など>
「急増する精神科医療の『身体拘束』−人権が守られる社会を作るために」長谷川利夫さん(杏林大学教授)
「医療事故防止は事故情報開示が第一歩と確信して」岡本隆吉さん(医療情報の公開・開示を求める市民の会 副代表)
「健康格差社会への処方箋」近藤克則さん(千葉大学予防医学センター社会予防医学研究部門教授、国立長寿医療研究センター老年学評価研究部部長)
「本当の医療崩壊はこれからやってくる」本田宏さん(NPO法人医療制度研究会副理事長 医師)
「医療費抑制と地方統制を強める医療保険制度改革関連法案」長友薫輝さん(三重短期大学教授)
「水俣病事件に取り組んで」坂東克彦さん(弁護士)
「憲法25条と健康保険法の本旨に立ち還って、患者救済と公的医療制度の再建(社会保障の再興)の両立を目指す。 —医療現場・発!「ゼロの会」の取組み」池川明さん(神奈川県保険医協会理事長・医師(産婦人科医))
「被害者の願い、知る権利保障への一歩 —医療版事故調査委員会の設立に向けて」木下正一郎さん(弁護士・「患者の権利オンブズマン東京」副会長)
「低所得者の国民健康保険税(料)の減免を!」大畑実さん(北海道・音更町在住)
「ハンセン病問題は終わっていない」鈴木敦士さん(弁護士)
「『医療・福祉の現場から憲法を考える』経験」升田和比古さん(勤医協月寒医院)
「憲法25条を活かし、人の命と健康を大事にする社会へ」三村真理子さん(日本医療労働組合連合青年協議会議長)

<介護>
「抱えない介護 − つどい場さくらちゃんの活動からみえること」丸尾多重子さん(NPO法人つどい場さくらちゃん 理事長)
人生最後の1票を投じたい 〜小規模施設入居者の参政権保障のために」国光哲夫さん(特別養護老人ホームなんぶやすらぎホーム施設長)

<年金>
「『下流老人』問題を考える」藤田孝典さん(NPO法人ほっとプラス代表理事)
「低年金高齢者の貧困」芝宮忠美さん(全日本年金者組合東京都本部年金相談室長)

<その他>
「今、日本に必要な社会保障 − 憲法理念の実現をめざして」日野秀逸さん(東北大学名誉教授、一般社団法人地域医療・福祉研究所理事長、東日本大震災復旧復興支援みやぎ県民センター代表世話人)
「『人権としての社会保障』確立への不断の努力を」井上英夫さん(金沢大学教授)
「いまこそ人権としての社会保障の確立を」小川政亮さん(日本社会事業大学名誉教授)
「マイナンバー(共通番号)制度の仕組みとその危険性) 白石孝さん(プライバシーアクション代表/共通番号いらないネット代表世話人)


浦部法穂の「大人のための憲法理論入門」

社会保障を考える(5)〜低成長下での社会保障の確立のために
社会保障を考える(4)〜社会保障の歴史A
社会保障を考える(3)〜社会保障の歴史@
社会保障を考える(2)〜社会保障とはなにか
社会保障を考える(1)
浦部法穂の憲法時評

度が過ぎる対米従属


改憲を問う

「憲法改正と人権としての社会保障」井上英夫さん(金沢大学名誉教授)


ときの話題と憲法

社会保障と税の一体改革
日本全国憲法MAP

水俣病
四日市ぜんそく訴訟
秋田市国民健康保険税条例事件

中高生のための憲法教室

平和と福祉の強いつながり

■「社会保障と憲法 (1)(医療、介護、年金)」に関連する憲法条文等

第25条 すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。
2 国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。

憲法25条についての伊藤真所長による解説はこちら


当サイトではこれまで様々な書籍や映画を紹介してきましたが、「社会保障と憲法 (1)(医療、介護、年金)」を考える上で有益なものも多くあります。こちらをご覧ください。

 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]