法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

労働基本権

 当サイトはこれまで様々な情報を発信してきましたが、その中で「労働基本権」に関わっては次のような情報がありますので、ご案内します(執筆者の肩書きなどは執筆当時のそのままにしています)。



今週の一言

「過労死・過労自殺を防ぐには −家族と会社・社会ができることを考える」寺西笑子さん(全国過労死を考える家族の会 代表世話人)
「非正規雇用労働者の権利をめぐる現代の状況」笹山尚人さん(弁護士)
「労働者派遣法の抜本『改正』と一億総活躍プラン・『同一労働同一賃金』」中野麻美さん(弁護士・NPO法人派遣労働ネットワーク理事長)
「若者と社会を繋ぐ 蟇田薫さん(産業カウンセラー・認定特定非営利活動法人育て上げネット)
「新しい『連帯』への希望」岩城穣さん(弁護士)
「#最低賃金を1500円に」橋口昌治さん(関西非正規等労働組合副執行委員長)

「労働法見直しに関する問題点について」田井勝さん(弁護士)
「『声をあげれば変わる』という感覚を取り戻すこと」河添誠さん(首都圏青年ユニオン書記長)
「非正規労働者の権利実現のために」中西基さん(非正規労働者の権利実現全国会議事務局長)
「1人ひとりの生活が守られる社会を」赤木智弘さん(フリーライター)
「人間らしい働き方を求めて −非正規労働者のたたかい」明玉さん(弁護士)
「希望の原理としてのベーシックインカム」白崎一裕さん(ベーシックインカム・実現を探る会 代表)
「生きる価値をとりもどせ、広がるプレカリアート運動」雨宮処凛さん(作家・プレカリアート活動家)
「裁判と人権 −労働者・市民とともに」塚原英治さん(弁護士)
「立ち上がろう!ボクらの働く権利のために −北海道・憲法フェスティバル」川島英雄さん(弁護士)
「労働法はぼくらの味方!」笹山尚人さん(弁護士)
「今こそ『労働権』の活用を」今野晴貴さん(NPO法人POSSE代表)
「ドキュメンタリー映画『フツーの仕事がしたい』を制作して」土屋トカチさん(映画「フツーの仕事がしたい」監督)
「若者の中の貧困の実態に目を向け解決をめざす」河添誠さん(「反貧困たすけあいネットワーク」事務局長)
「人間として生きる根源的な要求を支える憲法」上条貞夫さん(弁護士)
「世界の児童労働をなくそう」堀内光子さん(児童労働ネットワーク代表、前国際労働機関(ILO)駐日代表)

<アベノミクスの「働き方改革」関係>
「非正規雇用労働者の権利をめぐる現代の状況」笹山尚人さん(弁護士)
「労働者派遣法の抜本『改正』と一億総活躍プラン・『同一労働同一賃金』」中野麻美さん(弁護士・NPO法人派遣労働ネットワーク理事長)
「労働法見直しに関する問題点について」田井勝さん(弁護士)

<ブラック企業問題>
「ブラック企業の入り口「求人詐欺」への対策を」川岸卓哉さん(弁護士・川崎合同法律事務所)
「社会問題としての『ブラック企業』について」佐々木亮さん(弁護士・ブラック企業被害対策弁護団代表)

<派遣労働関係>
「労働者派遣法の抜本『改正』と一億総活躍プラン・『同一労働同一賃金』」中野麻美さん(弁護士・NPO法人派遣労働ネットワーク理事長)
「労働者派遣法改正案 ・ 被害者は誰か?」嶋崎量さん(弁護士・日本労働弁護団常任幹事)

<各種労働問題・労働事件>
「IBMロックアウト解雇事件(1次2次)勝訴の意義と課題」今泉義竜さん(弁護士)
「中高の部活動指導に伴う顧問教諭の負担問題」長沼豊さん(学習院大学教授)
「資生堂に雇用責任を求めて闘う」池田和代さん(資生堂/アンフィニ解雇事件原告)
「国家公務員の総人件費2割削減、『小さな政府』は大きな国民負担」岡部勘市さん(日本国家公務員労働組合連合会書記長)
「国の責任が問われるアスベスト問題」南雲芳夫さん(首都圏建設アスベスト訴訟弁護団・弁護士)
「現代の奴隷制度『外国人研修・技能実習制度』との闘い」指宿昭一さん(外国人研修生問題弁護士連絡会共同代表・弁護士)
「普通の暮らしを求めて −非正規労働者がいすゞ自動車に求めること」伊須慎一郎さん(弁護士)
「『名ばかり店長』の告発 −普通に働けば健康な生活ができる社会を!」清水文美さん(「SHOP99」裁判原告)
「日本航空の不当解雇撤回と真の再建をめざす闘い」内田妙子さん(日本航空キャビンクルーユニオン執行委員長)
「トヨタ過労死・内野事件」田巻紘子さん(弁護士)
「労働者の権利を守るために −ホクエツ福井不当解雇事件」吉川健司さん(弁護士)
「プロ野球の合併・1リーグ制への移行問題と勤労の権利」松原 徹さん(プロ野球選手会事務局長)
「ヨドバシカメラ違法派遣暴行事件」笹山尚人さん(弁護士)
「筑豊じん肺訴訟最高裁判決と日本国憲法」馬奈木昭雄さん(弁護士・福岡県弁護士会)


「集団訴訟は魅力がたくさん!」佐々木かおりさん(弁護士・福岡県弁護士会)

浦部法穂の憲法時評

「アベノミクス」で救われるのか?
「競争」と「相互扶助」
「日本が壊れていっている」
新自由主義と高額年俸
公務員の給与
「教育基本条例」案
ベーシック・インカム(その1)
ベーシック・インカム(その2)


改憲を問う


「労働者は改憲を望んでいない」和田肇さん(名古屋大学法学研究科教授)


日本全国憲法MAP

東北測量分会のたたかい
中部電力過労自殺事件
岩教組学テ事件
プロ野球労組のストライキ


■憲法教育を考える

生きるための「力」と「武器」を与える憲法・労働法教育
中学・高校の憲法教育に期待する −労働者の権利と憲法教育
音楽家だって労働者
中高生のための憲法教室

プロ野球選手がストしていいの?
■ときの話題と憲法

「不逞の輩(やから)」発言と2.1ストの禁止
全逓東京中郵事件最高裁判決と内閣の人事政策・司法反動
女性差別撤廃条約の批准と男女雇用機会均等法の施行
日経連「新時代の『日本的経営』」
派遣業務の拡大

■「労働基本権」に関連する憲法条文等

第27条 すべて国民は、勤労の権利を有し、義務を負ふ。
2 賃金、就業時間、休息その他の勤労条件に関する基準は、法律でこれを定める。
3 児童は、これを酷使してはならない。
第28条  勤労者の団結する権利及び団体交渉その他の団体行動をする権利は、これを保障する。

憲法27条についての伊藤真所長による解説はこちら
憲法28条についての伊藤真所長による解説はこちら


当サイトではこれまで様々な書籍や映画を紹介してきましたが、「労働基本権」を考える上で有益なものも多くあります。こちらをご覧ください。
「分類選択」の中の「労働基本権」に多くの関連憲法文献を紹介しています。また「キーワード (タイトル)」のところに「労働基準法」「雇用」「非正規」等々関心ある用語を入力して検索することもできます。

 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]