法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

立憲主義

 当サイトはこれまで様々な情報を発信してきましたが、その中で「立憲主義」に関わっては次のような情報がありますので、ご案内します(執筆者の肩書きなどは執筆当時のそのままにしています)。



今週の一言

「誰もがセキララに,自分の言葉で憲法を語ろう」金杉美和さん(弁護士)
『日本国憲法 大阪おばちゃん語訳』谷口真由美さん(大阪国際大学准教授)
「憲法と民主主義の危機」山口二郎さん(法政大学教授)
「憲法紙芝居、はじめました」今泉義竜さん(弁護士)
「憲法96条を考える授業とは」杉浦真理さん(立命館宇治中学高等学校教諭)
「明日の自由を守る −自民党の改憲草案の危険性を広げる」本田千尋さん(弁護士・「明日の自由を守る若手弁護士の会」呼びかけ人)
「憲法の積極的理念を社会に広げる −日弁連憲法委員会の活動」藤原真由美さん(弁護士・日弁連憲法委員会事務局長)
「高校現場における憲法教育奮闘記」南英世さん(東大谷高等学校教諭)
「高校生の平和学習活動をサポートする」沖村民雄さん(東京高校生平和ゼミナール連絡会世話人)
「核廃絶とモデル核兵器条約、そして国際立憲主義」山田寿則さん(明治大学法学部兼任講師)
「私たちはいまどのような事態に直面しているか −憲法の視座から」杉原泰雄さん(一橋大学名誉教授)
「憲法の考え方の根源を学ぶ −講座『憲法の考え方』を受講して」秋田直恵さん・桜井邦彦さん
『民主主義教育21 Vol.2 立憲主義と法教育』吉田俊弘さん(全国民主主義教育研究会)
「権力は憲法によって縛られる」マーク・デルナウアさん[Marc Dernauer](ドイツ弁護士)
「9条とともに99条の意義を伝える」四津谷薫さん(憲法勉強会ベアテの会)
「漫画『憲法メルトダウン』」松村俊さん(「連合通信」編集部)
「『ケンポー・ソング』を歌う」真思惟(まーしい)さん(アマチュア・フォークシンガー)
「憲法教育の課題と展望 −大学・ロースクールの現場から」斎藤一久さん(東京学芸大学講師)
「自民党新憲法起草委・舛添氏の改憲論とその問題点」山内敏弘さん(龍谷大学教授、法学館憲法研究所客員研究員)
「憲法の理念を語り広げる」坂本修さん(弁護士・自由法曹団団長)・伊藤真(法学館憲法研究所所長・伊藤塾塾長)
「『われらの』日本国憲法」池田香代子(翻訳家、「やさしいことばで日本国憲法」著者)
「憲法改正を考える」高橋哲哉さん(東京大学教授)
「かけがえのない自分を生きよう そのために憲法を『獲得』しよう」田中伸尚さん(ノンフィクションーライター)・伊藤真(法学館憲法研究所所長)
「『危機』における指導者の言葉と所作」水島朝穂さん(早稲田大学教授)
「国をしばる憲法から国民をしばる『憲法』へ」斎藤貴男さん(ジャーナリスト)


浦部法穂の「憲法雑記帳」

「消費増税再延期」の意味するもの


浦部法穂の憲法時評

「違憲」を「合憲」に変える「解釈変更」は許されない

「予測不能で危険な国」
憲法の言葉シリーズC「国」あるいは「国家」
非嫡出子相続差別と集団的自衛権
「国」・「国家」という言葉がやたら出てくる自民党「改憲案」
憲法を国民の手から奪い取る96条「改正」
96条の改正
憲法尊重擁護義務
「憲法の言葉」シリーズ@「憲法」
非常事態と憲法
憲法改正の「作法」
憲法解釈も「政治主導」?


浦部法穂の「大人のための憲法理論入門」

国家と社会の関係をどのようにとらえるか?(1)
憲法はなぜ憲法なのか?


■憲法教育を考える

憲法教育は国家観教育である
ノーベル経済学賞受賞者も惑わす十七条「憲法」 −KenpoとConstitutionの関係
憲法の精神を理解させるひとつの試み
「憲法」と立憲主義を隔てる果てなく高き壁"憲法教育に必要な努力"
中高生のための憲法教室

「憲法改正」を考えるヒント
守らなくてはならないのは誰?
「普通の国」と「日本の独自性」
憲法の力


■その他

中高生のための映像教室 『憲法を観る』

■「立憲主義」に関連する憲法条文等

第98条 この憲法は、国の最高法規であつて、その条規に反する法律、命令、詔勅及び国務に関するその他の行為の全部又は一部は、その効力を有しない。
2 日本国が締結した条約及び確立された国際法規は、これを誠実に遵守することを必要とする。
第99条 天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。

憲法98条についての伊藤真所長による解説はこちら
憲法99条についての伊藤真所長による解説はこちら


当サイトではこれまで様々な書籍や映画を紹介してきましたが、「立憲主義」を考える上で有益なものも多くあります。こちらをご覧ください。

当サイトに搭載している「憲法文献データベース」はテーマ別、著者別などで検索できるようになっていますので、あわせてご活用ください。
「分類選択」の中の「立憲主義」に多くの関連憲法文献を紹介しています。また「キーワード (タイトル)」のところに、たとえば「憲法尊重擁護義務」等々関心ある用語を入力して検索することもできます。

 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]