法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

プライバシー権・自己決定権・名誉権

 当サイトはこれまで様々な情報を発信してきましたが、その中で「プライバシー権・自己決定権・名誉権」に関わっては次のような情報がありますので、ご案内します(執筆者の肩書きなどは執筆当時のそのままにしています)。


今週の一言

<監視社会化をめぐる問題など>
「マイナンバー(共通番号)制度の仕組みとその危険性」白石孝さん(プライバシーアクション代表/共通番号いらないネット代表世話人)
「憲法21条が危ない! −公安警察に見張られながら集会に参加することを当然視する裁判所」小塚陽子さん(弁護士・10.13集会妨害国賠訴訟弁護事務局)
「大阪市職員思想調査アンケート国賠訴訟の概要と展開」西晃さん(大阪市思想調査アンケート国賠訴訟弁護団事務局長・弁護士)
「司法は、憲法に謳う集会に参加する自由と集会を主催する自由をなおざりにするのか −『その時は既に遅すぎた』としてはならない」矢澤J治さん(10.13集会妨害国賠訴訟 弁護団長)
「イスラム教をテロのインフラと決めつける公安警察」山本志都さん(弁護士・ムスリム違法捜査弁護団)
「自衛隊による違法な国民監視活動にストップを」小野寺義象さん(弁護士・自衛隊国民監視差止訴訟原告かつ弁護団事務局長代行)
「治安政策としての『安全・安心まちづくり』」清水雅彦さん(明治大学兼任講師)
「ナショナリズムと民主主義」浜林正夫さん(一橋大学名誉教授)

<監視社会化をめぐる問題など>
「国立の住基ネット裁判 −国家権力になびく司法を踏みとどまらせた国立の住民自治」関口博さん(前国立市長)
「憲法21条が危ない! −公安警察に見張られながら集会に参加することを当然視する裁判所」小塚陽子さん(弁護士・10.13集会妨害国賠訴訟弁護事務局)
「大阪市職員思想調査アンケート国賠訴訟の概要と展開」西晃さん(大阪市思想調査アンケート国賠訴訟弁護団事務局長・弁護士)
「私たちの目・耳・口をふさぐ秘密保全法案」清水雅彦さん(日本体育大学准教授・憲法学)
「司法は、憲法に謳う集会に参加する自由と集会を主催する自由をなおざりにするのか −『その時は既に遅すぎた』としてはならない」矢澤J治さん(10.13集会妨害国賠訴訟 弁護団長)
「イスラム教をテロのインフラと決めつける公安警察」山本志都さん(弁護士・ムスリム違法捜査弁護団)
「自衛隊による違法な国民監視活動にストップを」小野寺義象さん(弁護士・自衛隊国民監視差止訴訟原告かつ弁護団事務局長代行)
「治安政策としての『安全・安心まちづくり』」清水雅彦さん(明治大学兼任講師)
「今後全国各地で国民保護計画による避難訓練実施へ −戦争する国にしないための具体的検証」平和元さん(戦争非協力自治体づくり研究会代表・弁護士)
「隠された狙い」鈴木猛さん(日本国民救援会中央本部事務局次長)
「なぜ『表現の自由』が…」小沢隆一さん(静岡大学人文学部法学科教授・憲法学)
「外国人犯罪が増えてるって本当!?」寺中誠さん(アムネスティ・インターナショナル日本 事務局長)
「立川反戦ビラ事件無罪判決と表現の自由」内田雅敏さん(弁護士・東京弁護士会)
「集団訴訟は魅力がたくさん!」佐々木かおりさん(弁護士・福岡県弁護士会)

<自己決定権関係>
「『LGBT』、『同性婚』はすべての人にかかわる大切な人権の問題」上杉崇子さん(弁護士)
「別姓訴訟 民法750条」打越さく良さん(弁護士)

<自民党改憲案の問題点など>
「国政を左右する情報を国民から隠蔽可能にする改憲草案 −国民主権の骨抜き」喜田村洋一さん(弁護士・自由人権協会代表理事)
「憲法改正とメディア」田島泰彦さん(上智大学教授)
「国をしばる憲法から国民をしばる 『憲法』へ」斎藤貴男さん(ジャーナリスト)

<その他>
「勝訴! 成年被後見人の選挙権回復の裁判」杉浦ひとみさん(弁護士・成年被後見人選挙権回復裁判代理人)
「マスメディアを市民の手に取り戻そう」日隅一雄さん(弁護士・NPJ編集長)
「『不安の政治化』 −今後日本でも予想される問題」水島朝穂さん(早稲田大学法学部教授)
「ナショナリズムと民主主義」浜林正夫さん(一橋大学名誉教授)

浦部法穂の憲法時評

特定秘密保護法
住基ネットと「共通番号制」
公務員の政治的行為


中高生のための憲法教室

「憲法改正」を考えるヒント
黙っていたら人権はない
「公共の福祉」ってなんだろう?
あなたも私も納税者
ビラ配りは犯罪か?
住基ネットはなぜ危険なのか


■日本全国憲法MAP

奈良市安全安心まちづくり条例
レセプト情報公開請求事件
自衛隊市民監視違憲差し止め訴訟
住基ネット差し止め訴訟
防衛庁リスト問題
天皇コラージュ事件
コンピュータ・ゲームソフト有害図書指定事件
寺西裁判
立川テント村ほかビラ配布事件

■「プライバシー権・自己決定権・名誉権」に関連する憲法条文等

第13条 すべて国民は、個人として尊重される。生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、公共の福祉に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大の尊重を必要とする。

憲法13条についての伊藤真所長による解説はこちら


当サイトではこれまで様々な書籍や映画を紹介してきましたが、「プライバシー権・自己決定権・名誉権」を考える上で有益なものも多くあります。こちらをご覧ください。

当サイトに搭載している「憲法文献データベース」はテーマ別、著者別などで検索できるようになっていますので、あわせてご活用ください。
「分類選択」の中の「プライバシー権」「自己決定権」「名誉権」に多くの関連憲法文献を紹介しています。また「キーワード (タイトル)」のところに「自己情報コントロール権」「肖像権」「公共の福祉」等々関心ある用語を入力して検索することもできます。

 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]