法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

思想・良心の自由

 当サイトはこれまで様々な情報を発信してきましたが、その中で「思想・良心の自由」に関わっては次のような情報がありますので、ご案内します(執筆者の肩書きなどは執筆当時のそのままにしています)。
 なお、「国旗・国歌」に関わる問題は「政教分離・信教の自由・「国旗・国歌」」のページもご覧ください。


今週の一言

「『オリンピックとナショナリズム』へのまなざしを転回する」小澤考人さん(東海大学准教授)
「主権者教育の課題と高校生の政治活動について」宮下与兵衛さん(首都大学東京特任教授)
「大阪市職員思想調査アンケート国賠訴訟の概要と展開」西 晃さん(大阪市思想調査アンケート国賠訴訟弁護団事務局長・弁護士)
「裁判と人権 −労働者・市民とともに」塚原英治さん(弁護士)
「憲法改正を考える」高橋哲哉さん(東京大学教授)
「先行する憲法の根本改正としての教育基本法改正」西原博史さん(早稲田大学教授)



<国旗・国歌関連>
「上映とフリートークの会 映画『"私"を生きる』」学校に自由の風を!ネットワーク
「『君が代』を起立して心を込めて歌え!?  −国家(=近代公教育)は精神的自由を保障するのか」竹森真紀さん(学校現場に内心の自由を求め、「君が代」強制を憲法に問う=ココロ裁判原告)
「東京『日の丸・君が代』処分取消し訴訟(第一次訴訟)の判決について」尾山宏さん(東京「日の丸・君が代」処分取消し訴訟原告団弁護団長
「自分を偽らずに生徒と向き合わずして『教育』はできない! −『君が代』不起立で解雇され裁判中」前川鎮男さん(前 東京都立小岩高等学校教員)

<特定秘密保護法関連>
「憲法を破壊し、戦争への道を目指す秘密保護法の成立」成見正毅さん(弁護士・みやざき九条の会代表)
「特定秘密保護法案の成立は国会の自殺行為だ! −だれが切望している法律なのか」清水勉さん(弁護士・日本弁護士連合会情報問題対策委員会委員長・秘密保全法制対策本部事務局長)
「私たちの目・耳・口をふさぐ秘密保全法案」清水雅彦さん(日本体育大学准教授・憲法学)

<「建国記念日」関連>
「信教・思想・報道の自由を守るために」小西望さん(「靖国神社国家管理反対宮城県連絡会議」代表)
「2月11日の「建国記念の日」に反対することが、今、持つ意味 −戦前の歴史教育・紀元節を振り返って」丸浜昭さん(一般社団法人歴史教育者協議会事務局長)
「歴史と向きあい、日本国憲法の価値を発信するために」大野一夫さん(歴史教育者協議会事務局長)
浦部法穂の憲法時評

「なでしこジャパン」
国旗・国歌強制のほんとうの問題
公務員の政治的行為


■浦部法穂の「大人のための憲法理論入門」

国旗・国歌の押しつけが許されないわけ
表現の自由の重要性がとくに強調されるのはなぜか?
憲法の「人権問題」と社会の「人権問題」


■憲法教育を考える

思想・信条の自由 −行政書士会違法政治献金事件から


中高生のための憲法教室

嫌いなのは自由、歌うのは義務?
教育は何のために?
学校で強制される「愛」?
犯罪の相談だけで処罰される!?
憲法から考える自民党総裁選挙


■ときの話題と憲法

国旗国歌法


■日本全国憲法MAP

群馬司法書士会事件
政党助成金違憲訴訟
ココロ裁判
鳥栖市自治会神社管理費訴訟

■「思想・良心の自由」に関連する憲法条文等

第19条 思想及び良心の自由は、これを侵してはならない。

憲法19条についての伊藤真所長による解説はこちら


当サイトではこれまで様々な書籍や映画を紹介してきましたが、「思想・良心の自由」を考える上で有益なものも多くあります。こちらをご覧ください。

当サイトに搭載している「憲法文献データベース」はテーマ別、著者別などで検索できるようになっていますので、あわせてご活用ください。
「分類選択」の中の「思想・良心の自由一般」「日の丸・君が代 」に多くの関連憲法文献を紹介しています。また「キーワード (タイトル)」のところに「精神的自由権」等々関心ある用語を入力して検索することもできます。

 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]