法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

平和主義

 当サイトはこれまで様々な情報を発信してきましたが、その中で「平和主義」に関わっては次のような情報がありますので、ご案内します(執筆者の肩書きなどは執筆当時のそのままにしています)。
 なお、次の下記ページにも多くの関連情報がありますのでご案内します。
平和的生存権」・「安全保障」・「自衛隊とその改編」・「集団的自衛権」・「戦争責任・補償」・「東アジアの平和」・「国際的視点で9条を考える」・「沖縄基地問題」・「核兵器廃絶」・「戦争体験等の継承」・「憲法改正」 ・「9条擁護の多面的取り組み


今週の一言

「「平和的生存権」を輝かせる夏に!」小田川興さん(元朝日新聞編集委員・在韓被爆者問題市民会議代表)
「安保法制に対する違憲訴訟のご案内」安保法制違憲訴訟の会事務局(蓼沼紘明さん)

「日本はシリア難民にどう向き合うのか」石川えりさん(認定NPO法人難民支援協会代表理事) 
「日本を戦前にしないために」那須正幹さん(児童文学作家)
「安保法案=戦争法案の強行採決を迎えて」稲正樹さん(国際基督教大学客員教授)
「『軍事による平和』vs.『九条による平和』」池住義憲さん(元立教大学大学院キリスト教学研究科特任教授)
「安保法案=戦争法案の強行採決を迎えて」稲正樹さん(国際基督教大学客員教授)

「『軍事による平和』vs.『九条による平和』」池住義憲さん(元立教大学大学院キリスト教学研究科特任教授)
「本当はみんな、政治や憲法について語りたい」塚田壽子さん(一般社団法人「マガジン9」理事、「怒れる大女子会」発起人)
「安倍首相から『日本』を取り戻そう」泥憲和さん(元陸上自衛隊三等陸曹)
「日本国憲法との出会い −平和活動を通して学んだこと、憲法教育について思うこと」白神優理子さん(弁護士)
「『憲法9条にノーベル平和賞を』の運動について」石垣義昭さん(「憲法9条にノーベル平和賞を」実行委員会共同代表)
「平和への思いを短歌にこめて」城間百合子さん(「九条歌人の会」事務局)
「平和と子どもの権利」児玉勇二さん(弁護士)
「憲法の積極的理念を社会に広げる −日弁連憲法委員会の活動」藤原真由美さん(弁護士・日弁連憲法委員会事務局長)
「911から10年の憲法論争に求められる新たな視点」柳澤協二さん(元防衛研究所長・元内閣官房副長官補)
「国連で進められている『平和への権利』の国際法典化 −平和的生存権を世界標準の人権に」笹本潤さん(日本国際法律家協会事務局長・弁護士)
「戦争と経済を人間の目で見る(その1)」品川正治さん(国際開発センター会長)
「戦争と経済を人間の目で見る(その2)」品川正治さん(国際開発センター会長)
「『かっこいいとはこういうことさ!』などと……。」高畑勲さん(アニメーション映画監督)
「『最高裁裁判官の国民審査』で「平和の意思表示』を」川口創さん(弁護士・イラク派兵差止訴訟弁護団事務局長)
「平和的生存権と生存権が繋がる日 イラク派兵違憲判決から」毛利正道さん(弁護士)
「おおいに語ろう、自衛隊イラク派兵違憲判決(前編)」川口創さん(イラク派兵差止訴訟弁護団事務局長)・伊藤真(法学館憲法研究所所長)
「おおいに語ろう、自衛隊イラク派兵違憲判決(後編)」川口創さん(イラク派兵差止訴訟弁護団事務局長)・伊藤真(法学館憲法研究所所長)
「「そんなの関係ねえ」??」浦部法穂さん(名古屋大学教授・法学館憲法研究所主席客員研究員)
「『グンプク」運動のすすめ』森英樹さん(龍谷大学教授・法学館憲法研究所客員研究員)
「丸山眞男からの一言」浦部法穂さん(名古屋大学教授・法学館憲法研究所主席客員研究員)
「日本国憲法の平和の理念を実践する「平和省』を創ろう」きくちゆみさん(グローバル・ピース・キャンペーン呼びかけ人)
「『食』なくして平和なし」八木直樹さん(有機農業)
「『美しい国』=「にくい し くつう −しょうがない国」芦沢宏生さん(前実践女子大学教授)
「キリスト者として非暴力の思想を広げる」山本俊正さん(日本キリスト教協議会総幹事・牧師)
「平和の実現のため、国際機構の活用を」戸塚悦朗さん(龍谷大学教授)
「経済学と憲法」二宮厚美さん(神戸大学教授)
「軍事力による『国家の安全保障』ではなく、『人間の安全保障』を」大久保史郎さん(立命館大学教授)
「全世界の国民に『恐怖と欠乏からの自由』を!」熊岡路矢さん(日本国際ボランティアセンター代表理事)
「平和を誓う」比嘉正詔さん(沖縄平和祈念堂所長)
「『平時の有事化』と日本国憲法の『非戦』の理念」田場暁生さん(弁護士)
「社会の出来事を自分の問題として考える」丸尾素子さん(大月書店編集部)
「子ども、未来、命 −ちひろの思いと憲法」松本由理子さん(ちひろ美術館・東京 副館長)
「編集という仕事と平和主義への想いと −岡本厚さん(「世界」編集長)に聞く」岡本厚さん(「世界」編集長)
浦部法穂の「大人のための憲法理論入門」

「集団的自衛権」容認で「自衛隊合憲」の論理は吹っ飛んだ
「集団的自衛権」は「自衛」ではない!


浦部法穂の憲法時評

憲法の言葉シリーズG「平和」
日本国憲法「平和主義」の歴史的意味
「違憲」を「合憲」に変える「解釈変更」は許されない
「集団的自衛権」に関する2編再掲
安倍晋三と14人の「無識者」たち
「集団的自衛権」の次は……
憲法の言葉シリーズE「自衛権」
最高裁「砂川判決」と集団的自衛権
特定秘密保護法
政治権力を私物化する品のない政治家たち
「右翼の軍国主義者」
非嫡出子相続差別と集団的自衛権
「謝罪」も「反省」も「不戦の誓い」もなしで…
「『日米同盟』と『慰安婦問題』」再掲!!
「自衛隊」と「国防軍」のちがい
「日本転落」・自滅の道
「破れかぶれ解散」のあとは・・・
日中国交正常化40年
「日米同盟」と「慰安婦問題」
人も住めない「島」のために戦争するとでも言うのか
集団的自衛権
沖縄「復帰」40年
日米地位協定
野田内閣と普天間問題
「9・11」
韓国ドラマ『戦友』
武器輸出三原則
領土問題
「韓国併合」100年
日印原子力協定
結局、辺野古
オリンピックと国旗・国歌
憲法解釈も「政治主導」?
普天間移設問題
連立政権
核廃絶
「ミサイル」狂騒曲


■改憲を問う

「『自衛隊』と『国防軍』の間 −憲法9条の存在意義」水島朝穂さん(早大教授)
「戦後補償と憲法」松本克美さん(立命館大学法科大学院教授)


■憲法教育を考える

「高校生のための憲法入門 −日本国憲法第9条の世界史的意義」
就職先としての自衛隊
"地産地消の憲法学"(上) −中学・高校の憲法教育に期待する
"地産地消の憲法学"(下) −中学・高校の憲法教育に期待する


中高生のための憲法教室

「戦争放棄」の理由
攻められたらどうするの?
普通の国」と「日本の独自性」
憲法は押しつけられたか?
「敵基地攻撃論」と暴力の連鎖
平和と福祉の強いつながり
戦後レジームからの脱却
日本の国際貢献
米軍再編と地方自治


■日本全国憲法MAP

長沼ナイキ訴訟
百里基地訴訟
国策の横暴 −岩国報道とマスコミ
島根県における憲法運動の現状と課題
市民ミュージカル「がんばれッ!日本国憲法」
愛知における5/3市民のつどい
京都における戦後の憲法運動と今
市民意見広告運動
ビキニ環礁沖被ばく事件
原爆症認定訴訟
佐世保自衛隊員いじめ自殺事件
自衛隊市民監視違憲差し止め訴訟
竹島問題
ゾウの檻訴訟
自衛隊イラク派遣差し止め訴訟

■「平和主義」に関連する憲法条文等

[前文]
 ……
日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。
 ……

第9条 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
2 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

憲法9条についての伊藤真所長による解説はこちら


当サイトではこれまで様々な書籍や映画を紹介してきましたが、「平和主義」を考える上で有益なものも多くあります。こちらをご覧ください。

当サイトに搭載している「憲法文献データベース」はテーマ別、著者別などで検索できるようになっていますので、あわせてご活用ください。
「分類選択」の中の「平和主義」「平和主義一般」「日米安保・有事法制」「『国際貢献』論・自衛隊海外派遣」に多くの関連憲法文献を紹介しています。また「キーワード (タイトル)」のところに「軍事」「防衛」「武力」等々関心ある用語を入力して検索することもできます。

 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]