法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

憲法訴訟(人権関連)

  当サイトはこれまで様々な情報を発信してきましたが、その中で「憲法訴訟(人権関連)」に関わっては次のような情報がありますので、ご案内します(執筆者の肩書きなどは執筆当時のそのままにしています)。


今週の一言

<自由権関係>
「九条俳句裁判は控訴審を迎えます」佐々木新一さん(弁護士・九条俳句訴訟原告弁護団団長)
「別姓訴訟 民法750条」打越さく良さん(弁護士)
「国立の住基ネット裁判 − 国家権力になびく司法を踏みとどまらせた国立の住民自治」関口博さん(前国立市長)
「安倍首相靖国参拝違憲訴訟の試み」澤藤統一郎さん(弁護士)
「憲法21条が危ない! − 公安警察に見張られながら集会に参加することを当然視する裁判所」小塚陽子さん(弁護士・10.13集会妨害国賠訴訟弁護事務局)
「大阪市職員思想調査アンケート国賠訴訟の概要と展開」西晃さん(大阪市思想調査アンケート国賠訴訟弁護団事務局長・弁護士)
「司法は、憲法に謳う集会に参加する自由と集会を主催する自由をなおざりにするのか − 『その時は既に遅すぎた』としてはならない」矢澤?治さん(10.13集会妨害国賠訴訟 弁護団長)
「自衛隊による違法な国民監視活動にストップを」小野寺義象さん(弁護士・自衛隊国民監視差止訴訟原告かつ弁護団事務局長代行)
「東京『日の丸・君が代』処分取消し訴訟(第一次訴訟)の判決について」尾山宏さん(東京「日の丸・君が代」処分取消し訴訟原告団弁護団長)

<社会権関係>
「"人間らしく生きたい!" 生存権裁判は生存権・人権保障を求める闘い」荒井純二さん(生存権裁判を支援する全国連絡会事務局次長)
「朝日訴訟が社会に問いかけたもの − 権利はたたかう者の手にある」朝日健二さん(朝日訴訟原告承継人・「NPO法人朝日訴訟の会」理事)
「大阪泉南アスベスト国賠訴訟・大阪高裁で逆転敗訴 − 憲法を取り戻す闘い」奥田愼吾さん(弁護士・大阪泉南アスベスト国賠訴訟弁護団)
「平和的生存権と生存権が繋がる日 イラク派兵違憲判決から」毛利正道さん(弁護士)
「生きるために不可欠な支援に『応益負担』は違憲!」薗部英夫さん(障害者自立支援法訴訟の勝利をめざす会)
「『人権としての社会保障』確立への不断の努力を」井上英夫さん(金沢大学教授)

<政治参加の権利>
「勝訴! 成年被後見人の選挙権回復の裁判」杉浦ひとみさん(弁護士・成年被後見人選挙権回復裁判代理人)
<一人一票要求訴訟関係>は<憲法訴訟(統治システム関連)>ページ参照

<その他>
「裁判実務に影響を与える憲法理論構築へ」大野友也さん(鹿児島大学准教授)
浦部法穂の憲法時評


非嫡出子相続差別と集団的自衛権
「日の丸・君が代訴訟」最高裁判決
国旗・国歌強制のほんとうの問題

ときの話題と憲法

全逓東京中郵事件最高裁判決と内閣の人事政策・司法反動
「人間裁判」 −朝日茂さんの壮烈な"権利のための闘争"


■日本全国憲法MAP


<「精神的自由」関係>
金剛山歌劇団会場使用事件 − 公の施設の使用不許可は憲法違反である
群馬司法書士会事件
鳥栖市自治会神社管理費訴訟
人事院規則委任事件
大分県屋外広告物条例違反被告事件
政党助成金違憲訴訟
岩手靖国違憲訴訟
愛媛玉串料訴訟
自衛隊市民監視違憲差し止め訴訟
「日の丸・君が代」強制反対 神奈川こころの自由裁判
天皇コラージュ事件
ココロ裁判
岐阜県青少年保護育成条例事件
赤石裁判(生徒会誌不掲載事件)
立川テント村ほかビラ配布事件
コンピュータ・ゲームソフト有害図書指定事件
自衛官合祀訴訟
公安条例事件
寺西裁判

<幸福追求権・プライバシー権、平等、等>
レセプト情報公開請求事件
住基ネット差し止め訴訟
ハンセン病訴訟
中津川市議会における発声障がいをもつ議員へのいじめ損害賠償請求事件
議員定数違憲訴訟
玉野裁判
ハンセン病訴訟
尊属殺重罰規定事件

<経済的自由」関係>
薬事法違憲判決
森林法共有林事件
ゾウの檻訴訟

<政治参加の権利>
戸別訪問禁止違憲訴訟
玉野裁判

<社会権関係>
朝日訴訟
堀木訴訟
玉野裁判
「高」訴訟(生活保護費減額処分取消請求訴訟)について
旭川学テ訴訟
新潟学生無年金障害者訴訟
岩教組学テ事件
扇町公園住民票訴訟
学資保険裁判

■憲法教育を考える

憲法教育に期待する 〜違憲判決を勝ち取った経験から大島麻子さん(弁護士)

■その他

<憲法関連裁判情報>
「憲法を法廷に」と浦部顧問が講演(2009年10月31日)

<法学館憲法研究所「公共訴訟研究会」関係>  
〜釜ヶ崎弾圧事件の裁判を憲法に照らして検証
〜「公権力による個人のプライバシー侵害にどう抗するか」
〜「公務員の精神的自由権をどのように保障させるか」
〜日の丸・君が代訴訟を検証する
〜憲法訴訟における立法事実論を検証

■「憲法訴訟」を考える際に踏まえておきたい憲法条文等

第81条 最高裁判所は、一切の法律、命令、規則又は処分が憲法に適合するかしないかを決定する権限を有する終審裁判所である。

憲法81条についての伊藤真所長による解説はこちら


当サイトではこれまで様々な書籍や映画を紹介してきましたが、「憲法訴訟」を考える上で有益なものも多くあります。こちらをご覧ください。

当サイトに搭載している「憲法文献データベース」はテーマ別、著者別などで検索できるようになっていますので、あわせてご活用ください。
「分類選択」の中の「違憲審査権・憲法訴訟」で多くの関連憲法文献を紹介しています。また「キーワード (タイトル)」のところに関心ある用語を入力して検索することもできます。


 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]