法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

ヘイトスピーチ関連

 当サイトはこれまで様々な情報を発信してきましたが、その中で「ヘイトスピーチ関連」に関わっては次のような情報がありますので、ご案内します(執筆者の肩書きなどは執筆当時のそのままにしています)。
 なお、「表現の自由」のページにも関連する情報がありますのでご覧ください。


今週の一言

「ヘイトスピーチ解消法と今後の課題」郭辰雄さん(特定非営利活動法人コリアNGOセンター 代表理事)
「『平和的生存権』を輝かせる夏に!」小田川興さん(元朝日新聞編集委員・在韓被爆者問題市民会議代表)
「日韓国交正常化50年、今こそ真の協力体制の構築を」李泳采さん(恵泉女学園大学准教授)
「メディア利用の政局運営とメディアへの懐柔、操作、圧力」丸山重威さん(ジャーナリズム研究者)
「東京朝鮮高校生の裁判を支援する(その1)長谷川和男さん(東京朝鮮高校生の裁判を支援する会 共同代表)
「東京朝鮮高校生の裁判を支援する(その2)長谷川和男さん(東京朝鮮高校生の裁判を支援する会 共同代表)
「『60万回のトライ』を製作して」朴思柔さん(映画監督)
「日本・韓国・在日コリアンの若者たちの15年の歩みを描く — 映画「笹の墓標」」影山あさ子さん(映画監督)
「在特会らに対する京都地裁判決の社会的意義」冨増四季さん(弁護士・京都第一初級学校嫌がらせ事件弁護団事務局)

■浦部法穂の「大人のための憲法理論入門」

「ヘイト・スピーチ」も「言論の自由」?

浦部法穂の憲法時評

憲法の言葉シリーズF「自由」
「憲法の言葉」シリーズA「公共」または「公」
憲法MAP

金剛山歌劇団会場使用事件 ― 公の施設の使用不許可は憲法違反である

■「ヘイトスピーチ関連」に関連する憲法条文等

前文
「……日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。……」

第21条 集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する。
2 検閲は、これをしてはならない。通信の秘密は、これを侵してはならない。

憲法21条についての伊藤真所長による解説はこちら


当サイトではこれまで様々な書籍や映画を紹介してきましたが、「ヘイトスピーチ関連」を考える上で有益なものも多くあります。こちらをご覧ください。

当サイトに搭載している「憲法文献データベース」はテーマ別、著者別などで検索できるようになっていますので、あわせてご活用ください。
「キーワード (タイトル)」のところに「憎悪表現」「ヘイトクライム」「人種差別」など関心ある用語を入力して検索することもできます。

 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]