法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

アベノミクスと憲法

 当サイトはこれまで様々な情報を発信してきましたが、その中で「アベノミクスと憲法」に関わっては次のような情報がありますので、ご案内します(執筆者の肩書きなどは執筆当時のそのままにしています)。
 なお、「日本経済と憲法」のページにも関連情報を掲載していますので、ご覧ください。


今週の一言

<「働き方改革」関係>
「過労死・過労自殺を防ぐには −家族と会社・社会ができることを考える」寺西笑子さん(全国過労死を考える家族の会 代表世話人)
「99%の生活者のための経済政策」山田博文さん(群馬大学名誉教授)
「非正規雇用労働者の権利をめぐる現代の状況」笹山尚人さん(弁護士)
「労働者派遣法の抜本『改正』と一億総活躍プラン・『同一労働同一賃金』」中野麻美さん(弁護士・NPO法人派遣労働ネットワーク理事長)
「#最低賃金を1500円に」橋口昌治さん(関西非正規等労働組合副執行委員長)
「労働法見直しに関する問題点について」田井勝さん(弁護士)

<TPP問題>
「TPP交渉差止・違憲訴訟について」田井勝さん(弁護士)
「国会決議と相容れない米国TPA法案」醍醐聰さん(東京大学名誉教授)
「いのちの市場化を進めるTPP」内田聖子さん(アジア太平洋資料センター〈PARC〉事務局長)
「TPP参加は国民の主権と生活基盤を損なう道ではないか」伊藤誠さん(東京大学名誉教授)
「TPP参加で何が破壊されるのか 」白川真澄さん(「季刊ピープルズ・プラン」編集長)

<「女性活躍」関係>
「『成長戦略』と女性の活躍」青山悦子さん(嘉悦大学教授)

<医療・福祉等社会保障関係>
「本当の医療崩壊はこれからやってくる」本田 宏さん(NPO法人医療制度研究会副理事長 医師)
「『下流老人』問題を考える」藤田孝典さん(NPO法人ほっとプラス代表理事)
「医療費抑制と地方統制を強める医療保険制度改革関連法案」長友薫輝さん(三重短期大学教授)
「シングルマザーは今」赤石千衣子さん(しんぐるまざあず・ふぉーらむ理事長)
「低年金高齢者の貧困」芝宮忠美さん(全日本年金者組合東京都本部年金相談室長)

<教育関係>
「奨学金問題の現状と課題」岩重佳治さん(弁護士)
「今こそ子どもたちの権利確立の闘いを」児玉勇二さん(弁護士)

<「地方創生」関係>
「医療費抑制と地方統制を強める医療保険制度改革関連法案」長友薫輝さん(三重短期大学教授)
「ばら撒き的な『地方創生』政策と地方自治原則」池上洋通さん(自治体問題研究所理事、多摩住民自治研究所研究室長、日野・市民自治研究所理事)
「『地方創生』のねらいと対抗軸」岡田知弘さん(京都大学教授)
「政府が進める地方創生をどう考えるか」中山徹さん(奈良女子大学教授)

<消費税問題>
「税が拡げる格差と貧困」浦野広明さん(立正大学法学部客員教授)
「大企業蓄積強化のための「一体改革」 〜分配の不平等と再分配の不公平の是正で国おこしを」富山泰一さん(不公平な税制をただす会事務局長)
「消費税問題と私たち99%の提案―財政の所得再分配機能を強化せよ」山田博文さん(群馬大学教授)

<その他>
「怒りとともに投票所へ」永尾廣久さん(弁護士・福岡県弁護士会)
「カジノ推進法案の問題点」新里宏二さん(弁護士・全国カジノ賭博場設置反対連絡協議会代表)
「アベノミクスの虚構や歴史認識への疑問、そして原発輸出への不安」庄司捷彦さん(弁護士)
浦部法穂の「憲法雑記帳」

「消費増税再延期」の意味するもの


浦部法穂の「大人のための憲法理論入門」
社会保障を考える(5)〜低成長下での社会保障の確立のために

浦部法穂の憲法時評

政治が教育を支配しようとするとき
「アベノミクス」で救われるのか?
2013年のはじめに
「競争」と「相互扶助」
新自由主義と高額年俸
税を考える
公務員の給与
度が過ぎる対米従属
円高
脱・原発
財政再建・増税?
TPP
消費税
ベーシック・インカム(その1)
ベーシック・インカム(その2)

■「アベノミクスと憲法」に関連する憲法条文等

第22条 何人も、公共の福祉に反しない限り、居住、移転及び職業選択の自由を有する。
2 何人も、外国に移住し、又は国籍を離脱する自由を侵されない。
第25条 すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。
2 国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。
第29条 財産権は、これを侵してはならない。
2 財産権の内容は、公共の福祉に適合するやうに、法律でこれを定める。
3 私有財産は、正当な補償の下に、これを公共のために用ひることができる。

憲法22条についての伊藤真所長による解説はこちら
憲法25条についての伊藤真所長による解説はこちら
憲法29条についての伊藤真所長による解説はこちら


当サイトではこれまで様々な書籍や映画を紹介してきましたが、「アベノミクスと憲法」を考える上で有益なものも多くあります。こちらをご覧ください。

当サイトに搭載している「憲法文献データベース」はテーマ別、著者別などで検索できるようになっていますので、あわせてご活用ください。
「分類選択」の中の「生存権」などに多くの関連憲法文献を紹介しています。また「キーワード (タイトル)」のところに「社会保障」「介護」「TPP」等々関心ある用語を入力して検索することもできます。

 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]