法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

「地方行政をめぐる諸問題」を考える書籍や映画

当サイトはこれまで様々な書籍・論文や映画を紹介してきましたが、その中で「地方行政をめぐる諸問題」を考える上で有益だと思われるものをご案内します。



憲法関連書籍・論文情報

<地方自治のあり方、など>
書籍『やっぱりあきらめられない民主主義』内田樹・平川克美氏・奈須りえ著
書籍『自治・平和・環境』宮本憲一著
特集「生きつづけられる地方都市」(「世界」2014年10月号)
書籍『どう思う? 地方議員削減 −憲法と民意が生きる地方自治のために』上脇博之著
特集「安倍政権発足と憲法の危機」(「法と民主主義」2013年1月号)
書籍『3.11と憲法』森英樹・白藤博行・愛敬浩二編
書籍『脱日米同盟と自治体・住民 −憲法・安保・基地・沖縄』自治労連・地方自治問題研究機構編
書籍『政治主導を問う −地域主権改革・国会改革・公務員制度改革』晴山一穂著
論文「『財政優等生』の試練 −地方財政の危機に立ち向かうための憲法理論」(上代庸平)
論文「『地域主権改革』の基本問題」(白藤博行)
論文「地方分権改革と憲法原理 −とくに『新しい基礎自治体』論を素材にして」(白藤博行)
書籍『住民自治・地方分権と改憲 −地域社会の再編に抗して』ピープルズ・プラン研究所編

<地方自治の諸課題、条例、など>
書籍『無防備地域宣言で憲法9条のまちをつくる』池上洋通、澤野義一、前田朗編
書籍『有事法制がまちにやってくる ― だれをまもる国民保護計画?』田中隆著
書籍『憲法九条は自治体の宝 −首長たちはなぜ「頑固に九条」なのか』憲法九条を守る首長の会編著
書籍『超監視社会と自由 〜共謀罪・顔認証システム・住基ネットを問う』田島泰彦・斎藤貴男編
書籍『無防備地域宣言で憲法9条のまちをつくる』池上洋通・澤野義一・前田朗編、協力・無防備地域宣言運動全国ネットワーク
書籍「生活安全条例とは何か〜監視社会の先にあるもの」佐々木光明・清水雅彦・石埼学・田中隆編

<各地域をめぐる問題など>
書籍『翁長知事の遺志を継ぐ −辺野古に基地はつくらせない』宮本憲一・白藤博行編著
書籍『大阪市解体 それでいいのですか? −大阪都構想 批判と対策』冨田宏治・森裕之・梶哲教・中山徹・大阪自治体問題研究所著
書籍『橋下「維新の会」の手口を読み解く』小森陽一著
論文「菅民主党政権の構造改革路線復帰と首都東京変革の意義」(渡辺治)

論稿「安倍政権の政治に代わる『もう一つの日本』を東京から」(渡辺治)
論文「東京から憲法を考える」(宍戸常寿)
書籍『福島は訴える』福島県九条の会編
書籍『しなやかな闘い −生命あふれるまちづくりの試み』 上原公子著
書籍『沖縄の自立と日本 「復帰」40年の問いかけ』大田昌秀・新川明・稲嶺惠一・新崎盛暉著
書籍『オキナワと憲法 −問い続けるもの』仲地博・水島朝穂編
特集「沖縄・辺野古と法」(『法学セミナー』2017年8月号)

<その他>
書籍『現代憲法における安全 — 比較憲法学的研究をふまえて』森英樹編著
書籍『市民の平和力を鍛える—people's power of peace』】前田朗

シネマDE憲法

映画『知事抹殺の真実』
映画『暴力の街』
映画『渡されたバトン −さよなら原発』
映画『県庁の星』
映画『いのちの作法 −沢内「生命行政」を継ぐ者たち』
映画『となり町戦争』
映画『草の乱』

中高生のための映像教材『憲法を観る』

<外国映画>
映画『ショック・ドクトリン』(原題:The Shock Doctrine)

 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]