法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

「日本経済と憲法」を考える書籍や映画

当サイトはこれまで様々な書籍・論文や映画を紹介してきましたが、その中で「日本経済と憲法」を考える上で有益だと思われるものをご案内します。なお、「『財政・税』を考える書籍や映画」「貧困・格差問題を考える書籍や映画」などのページでも関連情報を案内していますので、ご覧ください。


憲法関連書籍・論文情報

<アベノミクス(安倍政権の経済政策)関連>
書籍『泥沼ニッポンの再生―国難に打ち克つ10の対話』伊藤真・植草一秀著
書籍『さらばアホノミクス −危機の真相』浜矩子著
ブックレット『安倍改憲政権の正体』斎藤貴男著
論文「平成の『属国』化 TPPの嘘」(金子勝)
書籍『安倍政権論 −新自由主義から新保守主義へ』渡辺治著

<経済政策関連>
書籍『戦争経済大国』斎藤貴男著
講義録「経済と憲法」(浦部法穂)
書籍『自民党改憲で生活はこう変わる −草案が目指す国家像』飯室勝彦著
論文「『経済大国』と改憲論」(浦部法穂)(紹介文・その4)
論文「『経済大国』と改憲論」(浦部法穂)(紹介文・その3)
論文「『経済大国』と改憲論」(浦部法穂)(紹介文・その2)
論文「『経済大国』と改憲論」(浦部法穂)(紹介文・その1)
論文「公共の福祉と経済的自由」(多田一路)
論文「『財政優等生』の試練 −地方財政の危機に立ち向かうための憲法理論」(上代庸平)
特集「金融恐慌」(「ピープルズ・プラン」2009年2月15日号)
書籍『現代憲法における安全 −比較憲法学的研究をふまえて』森英樹編著
論文「現代改憲史と『構造改革』」(渡辺治)
書籍『構造改革政治の時代 −小泉政権論』渡辺治著
論文「経済界の憲法観」(植村勝慶)
論文「グローバル化のなかの日本経済と改憲の経済的基礎」(二宮厚美)
特集「憲法学は『規制緩和』にどう向き合うか」(「法学セミナー」2006年7月号)
野中広務・渡辺治対談『戦後史・憲法・構造改革』
論文「新自由主義改革と憲法改正」(後藤道夫)


シネマDE憲法

映画『牡蠣工場』
映画『東京難民』
映画『悪い奴ほどよく眠る』
映画『東京家族』
映画『渋谷ブランニューデイズ』
映画『燃ゆるとき THE EXCELLENT COMPANY』
映画『大夜逃げ 夜逃げ屋本舗3』
映画『夜逃げ屋本舗2』
映画『夜逃げ屋本舗』
映画「マルサの女2』
映画「マルサの女』
映画『食卓の肖像』
映画『降りてゆく生き方』
映画『アンダンテ〜稲の旋律〜』
映画『ホームレス中学生』
映画『トウキョウソナタ』
映画『闇の子供たち』
映画『マリアのへそ』
映画『平成狸合戦ぽんぽこ』
映画『フラガール』
映画『ハゲタカ』

<外国映画>
映画『キャピタリズム 〜マネーは踊る〜』
映画『女工哀歌(エレジー)』
映画『おいしいコーヒーの真実』(エチオピア社会を描いた映画。制作国はイギリス・アメリカ)
映画『今夜、列車は走る』
映画『エンロン』

 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]