法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

「核兵器廃絶」を考える書籍や映画

 当サイトはこれまで様々な書籍・論文や映画を紹介してきましたが、その中で「核兵器廃絶」を考える上で有益だと思われるものをご案内します。



憲法関連書籍・論文情報

書籍『核兵器禁止条約の意義と課題 −2017年7月7日国連会議で採択』冨田宏治著
書籍『核不拡散から核廃絶へ—軍縮国際法において信義誠実の義務とは何か』浦田賢治編著 関連情報
『地球の生き残り [解説]モデル核兵器条約』メラフ・ダータン他著 関連情報
論文「核時代の法ニヒリズムに挑戦する − 朝鮮半島核問題の解決めざして」(浦田賢治)
映画『母と暮らせば』
書籍『ヒロシマの記憶 原発の刻印 −ヒロシマを知り原発を考える』肥田舜太郎著
書籍『原発とヒロシマ』田中利幸・ピーター・カズニック著
書籍『「九条の会」憲法セミナーI核のない平和な世界と憲法9条』平岡敬・高遠菜穂子著
書籍『核抑止なき安全保障へ −核戦略に関わった英国海軍将校の証言』ロバート・グリーン著
論文「東北アジア非核地帯条約締結の課題」(山内敏弘)
書籍『原爆災害 −ヒロシマ・ナガサキ』広島市・長崎市原爆災害誌編集委員会編

シネマDE憲法

映画『いのちの岐路に立つ 核を抱きしめたニッポン国』
映画『放射線を浴びたX年後2』
映画『八月の狂詩曲(ラプソディー)』
映画『黒い雨』
映画『ヒバクシャ −世界の終わりに』
DVDドキュメンタリー映画『おりづる』
映画『風が吹くとき』
映画『ヒロシマ・ピョンヤン』
映画『夕凪の街 桜の国』
映画『NAGASAKI・1945 −アンゼラスの鐘』
映画『NAGASAKI 1945 アンゼラスの鐘』 関連情報
映画『父と暮らせば』

<外国映画>
映画『博士の異常な愛情』(製作国:イギリス/アメリカ)
映画『さらば、ベルリン』(アメリカ映画)
映画『ヒロシマ・ナガサキ』(アメリカ映画)
映画『アトミック・カフェ』(アメリカ映画)

ドキュメンタリー映画『戦争をしない国 日本』

 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]