法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

「条約・国際法」を考える書籍や映画

 当サイトはこれまで様々な書籍・論文や映画を紹介してきましたが、その中で「条約・国際法」を考える上で有益だと思われるものをご案内します。
 なお、日米安保条約に関わる書籍や映画については「『安全保障』を考える書籍や映画」のページご案内していますので、ご覧ください。


憲法関連書籍・論文情報

書籍『国際法・憲法と集団的自衛権』松井芳郎・森英樹著
書籍『いまこそ知りたい 平和への権利 −48のQ&A』平和への権利国際キャンペーン・日本実行委員会編
書籍『日本の教育はまちがっている! −グローバル化時代に生きるために』戸塚悦朗著
書籍『平和と人権 −憲法と国際人権法の交錯』佐藤潤一著
書籍『平和への権利を世界に −国連宣言実現の動向と運動』笹本潤・前田朗編
論文「人権を"クール"に活かすには何が必要か −憲法では足りない?」(江島晶子)
特集「日本の人権状況を検証する −自由権規約委員会の最終見解をどう活かすか」(「法と民主主義」2009年2・3月号)
論文「東北アジア非核地帯条約締結の課題」(山内敏弘)
書籍『国際人権入門』横田洋三・富田麻理・滝澤美佐子・望月康恵・吉村祥子著
書籍『抗う思想/平和を創る力』阿部浩己著
書籍『人権入門 −憲法/人権/マイノリティ』横藤田誠・中坂恵美子著
書籍『NGO発、「市民社会力」 −新しい世界モデルへ』長坂寿久著
書籍『国際立憲主義の時代』最上敏樹著

書籍『日本国憲法と国連』杉江栄一著
論文「国際社会における法の支配と民主主義の確立」(山内敏弘)
論文「国連憲章と日本国憲法 −武力行使への関わりを中心にして」(浦田一郎)
書籍『いま平和とは』最上敏樹著

<日米安保条約関連書籍・論文など>
「『安全保障』を考える書籍や映画」

<領土問題>
書籍「尖閣諸島問題[領土ナショナリズムの魔力]」岡田充著
対談「日本国憲法に通じる日中平和友好条約の精神をもって<友好的協議>をせよ」(白西紳一郎・鈴木英司)
論文「領土紛争の法と政治 −憲法9条と紛争の平和的解決」(芹田健太郎)
書籍『日本の国境問題 ― 尖閣・竹島・北方領土』孫崎享著
論文「『尖閣購入』問題の陥穽」(孫崎享)
書籍『不愉快な現実 ― 問題を直視できないこの国の瀬戸際』孫崎亨著
書籍『日中関係 戦後から新時代へ』毛里和子著
書籍『紛争屋の外交論 ニッポンの出口戦略』伊勢崎賢治著
書籍『竹島/独島問題の平和的な解決をめざして』子どもと教科書全国ネット21編

当サイトに搭載している「憲法文献データベース」はテーマ別、著者別などで検索できるようになっていますので、あわせてご活用ください。 「分類選択」の中の「条約・国際法」に多くの関連憲法文献を紹介しています。また「キーワード (タイトル)」のところに「国連」「領土」など関心ある用語を入力して検索することもできます。


シネマDE憲法

映画『風が吹くとき』
映画『小説吉田学校』
映画『バルトの楽園』


中高生のための映像教室『憲法を観る』

<外国映画>
映画『カルラのリスト』(旧ユーゴ国際刑事法廷を描いた映画)
映画『乳泉村の子』(中国社会を描いた映画。中国・香港合作作品)



 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]