法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

今週の一言

 

イラク戦争って何だったんだろう?

2011年8月15日


高遠菜穂子さん(イラク支援ボランティア)


 イラク復興資金の9割以上にあたる187億ドルが消えていた。これまでアメリカの会計検査院が報告してきた66億ドルの3倍の金額だとイラク議会が発表し、国連に調査を依頼した。イラク側は、2003年から2004年にかけて統治していたのはCPA(連合軍暫定当局)で、それは米軍によって運営されており、イラク側は関与していなかったと主張している。いずれにしても、歴史上、類をみない"巨額盗難事件"である。C-130輸送機に100ドル紙幣を詰め込むと、およそ24億ドルになるそうだ。8機分の札束が消えたということか…。

 このイラク復興資金の原資はイラクの石油収入だということだ。その石油、以前はイラク国営だったが、イラク戦争後は民営化され、海外企業がその掘削権争奪を繰り広げている。今年6月16日付けのニューヨークタイムスに「イラク石油産業の復興、米下請け企業が支配」という記事があった。内容はこうだ。2年前に最大規模の掘削権を獲得したのがロシアのルクオイルで、米石油メジャーのエクソンモービルを押さえての"勝利"だった。アメリカは国際入札では負けたが、「石油のためのイラク侵略」という汚名を挽回するには効果的だった。公平に見える石油利権。ところが、下請け企業はハリバートンなど米企業4社で独占されているという。ルクオイルのトップによれば、国際入札といってもその下請け企業として実際に入札してくるのは米企業のみだそうだ。

 今年はNY同時多発テロから10年。イラク攻撃開始から8年である。巨額使途不明金、石油産業のニュースが「イラクの今」なら、いまだ400万人以上が"難民化"したままであることもまた「イラクの今」である。イラク戦争後、イラク人の置かれている状況はどう見ても悪化している。湾岸戦争直後から科せられた国連の経済制裁下では100万人が飢えと医薬品不足で命を落とし"人道危機"と言われていた。米英のイラク攻撃で独裁者が倒され、経済制裁が解除され、民主化が進められて8年。イラクは再び「人道危機」に陥っているというのはどういうことか。夫を失った女性が100万人、両親あるいは片親を失った子どもが450万人。ストリートチルドレンは増え続け、家族のある子は家計を支えるために働き始め、就学率はどんどん下がり、貧困の度合いはますますひどくなり、栄養失調の子どもが増えている。最近、私の元に送られてくるバグダッドの写真は、ゴミ山から空き瓶やアルミ缶を拾うスカベンジャーの子どもたちが多くなった。隣国のヨルダンやシリアには命の危険にさらされた人たちが今も逃げてくる。

 毎週、イラク各地で起きているデモは、米軍の完全撤退、長年続く停電、失業率の改善を要求。しかし、イラク警察や治安部隊は市民に発砲し、ジャーナリストやデモ参加者を次々と連行、拷問にかけている。デモを取材していた友人のカメラマンは、小学生の息子たちが2度も襲われ、脅迫を受けたことで報道の仕事を辞めた。8年前は米軍がデモ参加者を撃ちまくり、市民を連行してアブグレイブ刑務所で拷問した。今は、イラクに残留する5万人規模の米兵たちは「アドバイザー」となり、イラク治安部隊が自国民に発砲、拷問しているというわけだ。国際人権団体のアムネスティインターナショナルは、イラク政府に対してただちにそのような人権侵害を止めるよう警告した。

 さて、日本。この戦争と占領を熱烈に支持したのは前政党政権。猛烈に反対したのは現政党政権。検証できないはずはない。

<新刊「破壊と希望のイラク」のご案内>
  高遠菜穂子著 発行葛燉j日 2011年3月刊 定価1500円+税

イラク戦争から8年。どれだけの命が奪われ、愛や希望が失われたのか。
拘束・解放で止まっていた高遠菜穂子の「命の時計」が回り始めた。支援ボランティアを続ける著者渾身のイラクリポート!(帯より)

「イラク侵攻もその後の宗派対立による殺戮も、日本人である私たちのお金が注ぎ込まれていたことは、私たちが知らなければならない不都合な真実の一つです。しかも、イラク攻撃の大義はすべて崩れてしまっているのです。世界史の教科書には、ほんの数行だけイラク戦争のことが書かれているのでしょうか。その行間を、この本が少し埋められたなら幸いです。(「おわりに」より)」

<イラク支援プロジェクトへのご協力のお願い>
郵便振替口座番号:02750-3-62668
加入者名:イラク支援ボランティア 高遠菜穂子

◆高遠菜穂子(たかとおなほこ)さんのプロフィール

イラク支援ボランティア。2000年からインド、タイ、カンボジアの孤児院とエイズホスピスでボランティア活動に取り組む。2003年イラクでの緊急支援を開始し、ファルージャなど報道されない現場の声を発信。現在は、イラク難民支援、医療支援をイラク人と共に展開中。3.11以降は福島県南相馬市での瓦礫撤去作業に参加。イラク支援活動から学んだ「被ばく防護策」をブログで公開した。「イラク戦争の検証を求めるネットワーク」呼びかけ人。
ログ「イラクホープダイアリー」




 
[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]