法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

今週の一言

 

異議あり!「戦争する国づくり」意見広告運動

2015年1月5日



富田秀信さん(「異議あり!『戦争する国づくり』意見広告運動」事務局長)

 

29年前の戦い

 29年前の春(86年)、京都弁護士有志から「『国家秘密法反対』の新聞意見広告運動やりたい」と前職時(広告会社)の私に申し出があり、初回の会合から、出稿する地元新聞社の労組事務所を借りた。この「借り」が、やがて大きな話題になっていきました。
 「うなぎ上り」という言葉があるがまさしくそれを地で行った。毎日、巻紙の様に何十人かの長い長い広告申込がFAXで来る。
 考えてみて下さい。28年前はパソコンも、ケータイも無い、だからメールも無い。メーリングリストやら拡散ということも無い。だから申込の大半は手書きFAX。そして郵便。それでも正確な字ならまだしも、判読不能な字には閉口した。とうとう漢和辞典を用意。製版入力も写植、校正には虫眼鏡が要った。
 新聞1ページは300万円超、広告参加費用一人1000円なので、3000人集める必要があった。初回の会合では当然「集まらなかったらどうする?」の意見も多かったが、京都府民の良識は、それが杞憂だった事を即証明して見せた。
 中でも、「借り」の「返し」が労組から。非組合員の管理職などにも呼びかけ、労使共同の取り組みが実現したことは大きな励みになりました。

 しばらくして私は弁護士有志に「先生方、大変です!3000人は超えます。どうします?2ページ目を買いますか?」。数日後「GO!」の返事。数週間後再び「先生方、申込FAXが止まりません。打ち切れません。どうします?」。はたまた数日後「2ページ掲載後、早い日程で1ページ確保を」。86年夏、事務局の労組事務所は12,000人を超える個人名申込書の確認、入力、校正と暑い熱い戦場でした。
 …そして、特定秘密法案が山場の「今を」(2013年12月上旬)、当時の紙面を見ながら…、当時の運動呼びかけ人や、何より参画した12,642名の人々は「今を」どう戦っているか? 新聞読者(受信者)が自ら発信者となって、意見を発する。知る権利と共に、知らせる権利も危ないこの法案。
 戦後68年、ついにこの国の民主主義最大の危機に、我々市民一人一人が民主主義を守るために「意見広告」で戦いました。

京都からニューヨークタイムズへ

 私たちは、共に考え共に伝え共に行動する社会運動で、その手段として集会やデモなどで主張を多くの人に伝え、その運動を広げようとします。「意見広告」もその多様な宣伝形態の一つです。
 しかし、その運動テーマが時の政権に反対するテーマの場合、一般のマスメディアがその集会や主張を正確に伝える事には制限があります。極端に言えば無視される事が多いのです。
 しかしながら一般メディアは商業宣伝媒体です。ならばそこに資金を投入して自分たちの意見を正確に人々に伝える。一人一人は微力でも参加する人がたくさんになればそれは可能になるでしょう。それは、多くの国民に知らせるだけでなく、直接時の権力者にも伝える事ができます。
 「日本はアメリカ言いなりの政治」と、よく言われます。ならばアメリカ大統領やホワイトハウス、国連に日本国民の声を直接そして正確に届け、世界の良識あるリアクションを作ろうと思いました。
 世界のオピニォンリーダーといわれる・ニューヨークタイムズ意見広告掲載料金はアメリカ本土版でフルカラー1ページ約2000万円。日本、韓国、中国などで発行されているアジア版で約500万円。このアジア版の金額なら、私たちの力を結集すれば掲載可能、今回の運動の最低目標です。
 今年2015年は「戦後70年」。憲法9条に示されている平和主義は、アジア諸国を始め大戦の犠牲の上に立った「アジア太平洋憲法」「世界憲法」の意味もあるでしょう。
 私たちは、その施行日・5月3日に「意見広告」を掲載します。そしてその頃、ニューヨークでは日本からも多くの参加者のNPT行動がなされています。「意見広告」はその行動を励ますでしょう。
 私たちの小さい声を集めて、憲法9条を持つ国民として世界への大きな波を作りましょう。「意見広告」はそれが可能で、全国津々浦々にある郵便局で振り込むという誰でも気軽に簡単に参加できる宣伝方法です
 「京都発、全国展開、世界発信」のこの意見広告運動に是非ご参加下さい。
 稀代の悪法・秘密保護法の施行日(昨年12/10)に小森陽一氏講演を中心にしたスタート集会を行いました。ゴールは今年5月3日の憲法記念日です。

*「異議あり!『戦争する国づくり』意見広告運動」
  代表 鈴木勉(佛教大学教授)
  〒603-8324 京都市北区北野紅梅末85「福祉広場」
  tel&fax 075-465-5451  e-mail info@fukushi-hiroba.com
   事務局長 富田秀信(労協 国際ツーリストビューロー理事長) 携帯090-3671-4543


◆富田秀信さんのプロフィール

労協 国際ツーリストビューロー理事長

 

 




 
[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]