法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

今週の一言

 

「信教・思想・報道の自由を守るために」

2015年2月9日



小西望さん(「靖国神社国家管理反対宮城県連絡会議」代表)

 今年の2月11日「建国記念の日」が近づいてきました。この日は、かつて「紀元節」と呼ばれていました。天皇を中心とした国家支配の正当性を内外に誇示するために、明治政府によって1873年から祝日とされたものです。およそ2600年前に神武天皇が即位した日と言われていますが、神武天皇は歴史上実在せず、それゆえ「紀元」の客観的根拠はありません。1948年には、民主国家として生まれ変わった戦後の日本にはふさわしくないものとして、いったん廃止されました。しかし佐藤栄作内閣がこの日を「建国記念の日」として復活させ、1967年から再び「祝日」とされたのです。
 それとほぼ同時に政権の下で靖国神社の国家護持を実現しようとする動きが強まり、1969年から1974年にかけて、繰り返し「靖国神社法案」が国会に上程され続けました。靖国神社の前身は、明治維新のとき「官軍」すなわち天皇側の軍人として死んだ者だけを祀るために創設された「東京招魂社」です。その後「靖国神社」と改称された後も、日清・日露戦争からアジア・太平洋戦争まで、一貫して軍人・軍属など軍に直接関係ある死者だけを祀るという、世界でも珍しい宗教施設として今日に至っています。
 ですから靖国神社問題は、憲法の定める政教分離原則に抵触すると共に、国が戦争に向かっていく際の精神的支柱としての機能にも関わる根の深い課題と言わねばなりません。1975年、こうしたことに危惧を覚えた宮城県の文化人・宗教者・労働組合・法曹関係者などが集まって「靖国神社国家管理反対宮城県連絡会議」を形づくり、毎年2月11日に「2.11信教・思想・報道の自由を守る宮城県民集会」を開催してきました。今年の集会で第41回を数えます。
 集会は、主に講演、宣言採択、のち仙台市内をデモ行進という内容です。ここ数年の講演を記すと、2012年:香山リカさん(精神科医・立教大学教授)「憲法の危機と"心の問題"」に参加約620名、2013年:伊藤真さん(弁護士・伊藤塾塾長)「日本国憲法ってなに?−憲法改正をいう前に」に参加約500名でした。今年は、浜矩子さん(エコノミスト・同志社大学大学院教授)をお迎えして「正義と平和が抱き合う時−いがみ合いの向こう側を目指して」との講演を頂きます。
 2月11日には全国各地でこの日に内包された課題を深める同様の集まりが開催されていますが、その中でも宮城のこの集会には比較的多くの参加者が集っているかと思います。その背景には、同連絡会議が"信教・思想・報道の自由"を守るために広範な結集を大切にし、分裂することなく運動を継続してことがあります。現在の加盟団体は50を数えています。そして昨今の政治・社会状況、とりわけ憲法の変質・改悪が目論まれている動きに、人々の危機感が高まっていることを思います。
 いささか古いことになりますが、2003年7月に成立の「イラク復興特別措置法」による自衛隊がイラクに派遣された直後の2004年集会の宣言では、アメリカ・イギリスを中心とする占領統治が始まったイラクに自衛隊が派遣されることへの危惧が語られていました。そしてこの危惧を裏うちするようにこの年イラクでの日本人人質事件が起こったのでした。そして今年、シリアでも日本人人質事件が起こってしまいました。
 日本国憲法はその前文で「日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであって、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。」と述べ、第9条で「日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。」と定めています。戦争の反省に立ち築いてきたこの平和の希求を堅持し広く共有することで、誇り得る貢献を為す国でありたいと願い、今年の集会に向かいます。

◆小西 望(こにし のぞみ)さんのプロフィール

「靖国神社国家管理反対宮城県連絡会議」代表
日本キリスト教団仙台北教会牧師


<法学館憲法研究所事務局から>
これまで当サイトで発信してきた情報の中で「天皇制・『国旗・国歌』・政教分離」に関わる主なものはこちらです。



 
[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]