法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
憲法をめぐる動向
イベント情報
憲法関連裁判情報
シネマ・DE・憲法
憲法関連書籍・論文
今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

今週の一言

 

安倍9条改憲NO!— 第九条の会ヒロシマ

2018年8月13日



藤井純子さん(第九条の会ヒロシマ・代表世話人)

 第九条の会ヒロシマが92年からはじめた新聞意見広告は今年で26回目になります。
 今年の8.6新聞意見広告では、「改憲のその先に何が見えますか?」と静かに問いかけ、「9条に自衛隊を明記するのはいいんじゃない」と軽く思う人たちにも考えてもらいたいなと思いました。そして安倍9条改憲NO! 3000万人署名を掲載ました。すると新聞を切り取って署名をして送ってくださる方がまだ2日ですが500人を越えました。「9条改憲はイヤだ」「安倍政権は続いてほしくない」と思っていてもどうしたらいいのか分からなかった人が「この署名に参加できて良かった」と書き添えてありました。活動していて声が届かないところに新聞によって届けることが出来たのです。新聞意見広告の目的の一つはここにあります。また「自分たちも新聞意見広告に取り組みたい」というようなメールがくると嬉しいものです。

第九条の会ヒロシマ設立
 私たちは、1992年2月に発足しました。90年代に入って湾岸戦争が起こり、莫大な戦費を供出した上、戦争後に自衛隊を派遣した上、改憲問題の動きが活発となり、その危機感は強く、多くの人に日本国憲法の価値を知ってほしいという思いから平和学の日本の先駆者の岡本三夫さん、詩人の栗原貞子さんなどを中心に第九条の会ヒロシマを結成したのです。ですから市民に直接働きかけるような活動を行ってきました。5.3憲法記念日には原爆ドーム前でリレートークや、街頭で「9条を守る? 変える?」や原発が必要かなどの市民シール投票、8月6日の新聞意見広告などが主なものです。
 8.6新聞意見広告は、1992年8月6日、栗原貞子さんの「9条は、ヒロシマの誓いそのものです」というタイトルで新聞意見広告を掲載して始まり、今に至っています。

取り組み (1)新聞意見広告
8.6新聞意見広告は被爆詩人の栗原貞子さんの提案で始めました。最初は広島県内だけ、それを大阪本社版に、そして東京都心版から首都圏セット版、九州全域の西部版に広げていきました。東京は5段だけの掲載ですが、政治に関わる永田町の人たちにヒロシマの思いを届けたいという思いで続けています。
8.6新聞意見広告の呼びかけ人や賛同者は、憲法問題だけではなく様々な課題を持って活動している人々、政治的な立場の違う人々などが紙面上で一緒に名前が掲載されルことに意味があると思っています。また、デモなどに参加できなくても新聞に名前を出すことで参加できるので高齢な方も、仕事で忙しい人も、子育て中の人など誰でも参加できると喜んでくださいます。また新聞を見て多くの声が寄せられています。今年2月の3000万人署名意見広告でも、これまでつながりのなかった多くの方が署名の部分を切り取って署名をして送ってくださいました。

取り組み (2)運動を広げること、ネットワーク作り
もう一つ力を入れてることとは、運動を広げること、ネットワーク作りです。90年代半ばより第九条の会ヒロシマも「許すな!憲法改悪市民連絡会」という全国的なネットワークを作るところから加わり共に行動してきました。2000年に憲法調査会が国会両院に設立され、各地の地方公聴会が開かれると傍聴や対抗集会にも参加し、応援しました。
また地元で「憲法調査会見張り番ひろしま」の結成や、広島公聴会に対抗するために1日共闘で集会をしたり、県9条ネットワークを作ったり、輪を広げてきたことが今の広島総がかりに繋がる一助になったかもしれません。また人権を獲得する様々な課題、基地問題、原発、教育、在外被爆者、ジェンダー…などの市民運動のつながりも大切と考えています。

広島中央公園で行った人文字運動
イラク戦争反対の NO WAR NO WAR 、戦争法反対のNO WAR NO ABEの人文字運動はその広がりを代表しています。子どもさんと一緒に、知人友人も誘いやすく、誰でも参加でき、平和への思いを大きく思いっきり表すことのできる行動です。原水禁や原水協の枠を打ち破り一般の人々と一緒になって文字を作るのです。第九条の会ヒロシマは、積極的に実行委員会に参加し呼びかけてきました。

核兵器も原発もいらない!
96年1月、フランス(パリ、リヨン、グルノーブル)で市民による原爆展を行いました。フランスが南太平洋で核実験を続けて行った時です。その頃の広島市は国内用や広島に来る人のための原爆の資料は作っていましたが、まだ海外での原爆展は考えていませんでした。95年の平岡広島市長の演説は核兵器廃絶への大きな声になりましたが、私たちの小さな市民のフランス原爆展のあとに広島市は海外での原爆展に取り組むようになりました。そしてフランスで協力をしてくださったのはコリン・コバヤシをはじめ、反原発に取り組む人々でした。その後もコリンさんにはヒロシマにも来て、原発問題の根っこの深さを講演して頂きました。核兵器も原発も改憲も全て世界の政治問題と結びついています。市民力を高めることの重要性を実感しています。

このように、「第九条の会ヒロシマ」は、軍事力によらない平和、核のない社会を目指すことを会の目的とし、被爆詩人の栗原貞子さんの提案で、カタカナのヒロシマを名前に表して活動を続けています。

第九条の会ヒロシマ

− 結成宣言 −
 日本国憲法9条は、国の焦土化と広島・長崎の原爆被災という未曾有の犠牲によってあがないとられた国民的遺産です。それは過去の戦争に対する厳しい反省の上に立った先見的思想であり、21世紀のモデルとなりうるものとして国際的にも高い評価を獲得しつつあります。
 私たちは、日本の侵略戦争によって多大の被害を与えたアジアの人々への謝罪を込め、平和・人権・民主主義を根幹とする憲法を護り抜き、絶対不戦を決意し、ここに「第九条の会ヒロシマ」を結成します。
                         1992年2月 岡本三夫

 

■これまでの主な活動

(8.6新聞意見広告、5.3憲法記念日市民投票、11.3憲法のつどい、総会記念集会は毎年)

1992年 8.6新聞意見広告「憲法九条はヒロシマの誓いそのものです」(朝日新聞)
1993年 8.6新聞意見広告、フィリピン紙に9条+謝罪の意見広告掲載(中国新聞)
1994年 8.6新聞意見広告「変わる時代 変わらぬ誓い 戦争放棄」(毎日新聞)
1994〜5年 自衛隊法改定に際し国会議員に公開質問状とロビー活動
1996年 市民によるフランス原爆展を渡仏して3都市で開催
1996〜7年 憲法50年市民ひろば連続講座開催(講演会・コンサート等)
1998年 カナダよりウラン鉱山で採掘した「デネーの人々」受入れ
 第3回許すな!憲法改悪・市民運動全国交流集会広島開催
1999年 ハーグ平和会議代表参加
2000年〜 8.6新聞意見広告再開 (以後毎年掲載)
2001年 5.3憲法記念日リレートーク開始 (2015年まで毎年開催) 
 憲法調査会ひろしま見張り番結成に積極的参加
2002年 第7回許すな!憲法改悪・市民運動全国交流集会広島開催
2003年 イラク戦争に反対し、人文字NO WAR NO DU(6000人)実行委に参加
2004年 憲法調査会広島公聴会対抗集会の取り組みに積極的参加
2005年 「九条の会」広島講演会(大江健三郎、澤地久枝、鶴見俊輔)実行委に積極的参加
2006年 11.3ピースフェスタ2006(7000人) 実行委員会に積極的参加(小田実さんほか)
 第9回許すな!憲法改悪・市民運動全国交流集会広島開催
2007年 11.3広島県9条の会ネットワーク憲法のつどい加藤周一講演会に積極的参加
2008年 9条世界会議ヒロシマ実行委員会に積極的参加(マイレッド・マグワイアさん)
2009年 11.2広島県9条の会ネットワーク湯浅誠憲法のつどいに積極的に参加(以後毎年)
2010年 上関原発止めよう!広島ネットワーク設立に積極的に参加 
 コリン・コバヤシ講演会開催「フランスの原子力政策と市民運動」
2011年 原発なしで暮らしたい!100万人アクション in ヒロシマに積極的に参加
2012年 第15回許すな!憲法改悪・市民運動全国交流集会広島集会 &
 第九条の会ヒロシマ20周年記念のつどい(上條恒彦さんの歌と渡辺治講演会)
2013年 参議院選前の6.29、8.6、秋の臨時国会に向けて8.30、 3回の新聞意見広告
 10.21コリン・コバヤシ講演会開催「国際原子力ロビーの犯罪」 
2014年 3.29「科学者が語る戦争と平和憲法」益川敏英さん、松田正久さん講演会開催  
 ナビア電光掲示板に「安倍政権にNO!」ほか掲載 12月24日~1月12日
2015年 3.21「憲法を獲得する沖縄」三上智恵講演会&総会 広島YMCA
 9.13ストップ!戦争法一万人の人文字(7000人)に積極的参加(広島中央公園)
2016年 9条を守る?変える?シール投票&5.3憲法統一集会(ストップ戦争法実)積極的参加
 6.26「投票に行こう」参議院選挙前中国と8.6新聞意見広告毎日、2回の意見広告掲載
2017年 3.21総会&記念講演会 菱山南帆子さん 広島平和記念資料館会議室1
 5.3 9条を守る?変える?シール投票主催 &憲法集会(総がかり)積極的参加
 4.8 6.4 共謀罪反対原爆ドーム前集会&デモに積極的参加
2018年 2 18 3000万人署名意見広告を中国新聞朝刊に掲載
 3.21 総会&記念講演会 谷山博史さん 「紛争地から見る9条の価値」
 5.3 安倍9条改憲賛成?反対?シール投票主催 &憲法集会(総がかり)積極的参加





 
[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]