法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

事務局からのお知らせ

 

憲法の基本を深く学ぶ学習会

2005年8月22日

 自民党や民主党、財界などが憲法「改正」を唱え、憲法「改正」が現実的課題となってきています。一方で9条擁護の世論は依然として強く、その運動がかつてなく広がっています。
こうした状況の中で、そもそも憲法とは何か、憲法は何のために存在するのか、という基本的なことを学ぼうという声が広がっています。法学館憲法研究所はこうした観点から出版した双書『憲法の本』の著者・浦部法穂教授を講師に学習会を開催します。今後いっそう憲法についての基本的な考え方を学び広げていきたいと思います。多くの方々にご参加いただきたいと思います。

日時  : 2005年9月23日(金・祝) 午後3時30分〜5時30分
会場  : 伊藤塾水道橋校
      (JR・都営三田線 水道橋駅より徒歩2分、JR・丸の内線 御茶の水駅より徒歩6分、都営新宿線、都営三田線、営団半蔵門線 神保町駅より徒歩8分)
講師  : 浦部法穂氏(名古屋大学教授、法学館憲法研究所主席客員研究員)
内容  : 憲法についての基本的な考え方についての浦部教授のお話とディスカッション
資料代 : 500円(当研究所賛助会員の方の資料代は当研究所が負担します)
主催  : 法学館憲法研究所

* 参加者の皆さんはあらかじめ『憲法の本』の第1章と第2章を読んだ上、下記のようなことに対する質問や意見をメールもしくはファックスを当研究所にお寄せください(9月16日まで)。学習会では浦部教授にそれらの質問や意見をふまえてコメントしていただき、ディスカッションします。
「なぜ憲法というものがあるのか」
「憲法は誰が守らなければならないのか」

■学習会告知(PDF)

法学館憲法研究所
〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町17−5
電話 03−5489−2153 ファックス 03−3780−0130
E-mail info@jicl.jp

 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]