法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

事務局からのお知らせ

 

番組「加藤周一 1968年を語る 〜「言葉と戦車」ふたたび〜」(12/14 22時〜)のお知らせ

2008年12月11日
 2008年12月14日(日)夜10時からNHK教育テレビ「ETV特集」で「加藤周一 1968年を語る 〜「言葉と戦車」ふたたび〜」が放映されます。
12月5日、「九条の会」の呼びかけ人の一人・加藤周一さんが亡くなりました。加藤さんは老人と学生が連携する必要性を説き、学生の奮起を呼びかけました。そして、同じ敗戦国でありながら、戦後は異なる道を歩んできた日本とドイツを比較しながらその教訓を引き出す重要性を唱えました。加藤周一さんの呼びかけで今年出版された、法学館憲法研究所双書『憲法9条 新鮮感覚 −日本・ドイツ学生対話』の「はじめに」にこれらのことが綴られています。
世界中が金融恐慌に巻き込まれ、日本においても学生たちの不満とたたかいが広がろうとしている中で、この番組は1968年の学生たちのたたかいの内容と意義を問い直す機会になるでしょう。
 (法学館憲法研究所事務局)

<『憲法9条 新鮮感覚 −日本・ドイツ学生対話』関連情報>
■編者・桜井均さん(元NHKエグゼクテブ・ディレクター)のスピーチ
■編者・浅井イゾルデさんの発言の案内
■伊藤所長講演会「憲法の視点でドイツと日本を検証する

 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]