法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

事務局からのお知らせ

 

「WEB市民の司法 −裁判に憲法を!」に注目論稿が続々

2009年8月31日(2009年11月9日修正)

 2009年8月3日、法学館憲法研究所は「司法改革・市民フォーラム」(代表:大出良知・東京経済大学教授)とともに「WEB市民の司法 −裁判に憲法を!」を開設し、毎週月曜日に情報を発信していますが、興味深い論稿が次々と寄せられ、有意義な情報提供が進んでいます。

今週の発言」では次のような論稿や対談録を発信してきました。
8月3日 対談「裁判員制度の意義を考える」その一「司法に国民が参加するということ」
8月10日 対談「裁判員制度の意義を考える」その二「刑罰を課すということ」
8月17日 対談「裁判員制度の意義を考える」その三「これまでの刑事司法をリアルに分析する」
8月24日 裁判員法の成立経緯を振り返って 古口章さん(元司法制度改革推進本部事務局次長・弁護士)
8月31日 「全国第1号」の裁判員裁判が行われた! 高田昭正さん(大阪市立大学教授)
9月7日 様変わりへ好スタート 飯室勝彦さん(中京大学教授、東京新聞・中日新聞論説委員)
9月14日 対談「裁判員制度の意義を考える」その四「司法への国民参加の憲法上の意義」
9月21日 対談「裁判員制度の意義を考える」その五「裁判員制度の改革課題」
9月28日 司法試験のあり方も問われるべきではないか 中西一裕さん(弁護士)
10月5日 市民の司法参加の過去・現在・未来 村井敏邦さん(龍谷大学法科大学院教授)
10月12日 福祉と連携して一番遠い人のもとへ―法テラス佐渡での経験から― 冨田さとこさん(法テラス佐渡法律事務所弁護士)
10月19日 労働裁判、労働審判の現状と問題点 笹山尚人さん(弁護士)
10月26日 医療過誤訴訟と司法改革 五十嵐裕美さん(弁護士)
11月2日 養成すべき法曹の人数とは 三澤英嗣さん(弁護士)

*は大出良知(「司法改革・市民フォーラム」代表)と伊藤真(法学館憲法研究所所長)の対談

 「裁判員裁判をめぐる動向」では毎週裁判員裁判に関わる特徴的な動きをウオッチしています。

 当研究所が開催している連続講演会「日本国憲法と裁判官」の各講演会の内容も紹介しています。こちら。裁判官の仕事をしてきた方々の生の声から、裁判所と裁判の役割、その改革課題を考えることができます。
 連続講演会「日本国憲法と裁判官」は当面次の講演会が開催されますので、ご案内します。
11月18日(水)18時〜 講演者:東條宏氏・矢崎正彦氏、会場:伊藤塾東京校 こちら
12月3日(木)18時〜 講演者:山口忍氏・園田秀樹氏、会場:伊藤塾東京校

 「WEB市民の司法」には「読者の広場」もありますので、読者の皆さんにも投稿していただき、憲法の理念にもとづく司法改革を語り合いたいと思います。投稿方法はこちら

 (法学館憲法研究所事務局)

 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]