法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

事務局からのお知らせ

 

講演会「日本国憲法と裁判官」(11月18日)のご案内

2009年10月22日

連続講演会「日本国憲法と裁判官」では裁判官として仕事をしてこられた方々に、その経験と裁判の役割・あり方について語っていただいています。
今回お話していただく東條さん・矢崎さんは長く民事事件の裁判を担当されてきました。日本国憲法に明記された、国民の裁判を受ける権利や裁判所への期待にどのように応えてきたのか、その経験と課題について語っていただきます。
1970年(昭和45年)、判事補の通常の仕事に対して警察から告訴される事件がありました。その渦中にいた東條さんからは、事件の経過を語っていただきながら、裁判所・裁判官のあり方も問題提起していただく予定です。
1971年の判事補の再任が拒否される事件がおこりました。以降、長年裁判官が司法のあり方を語り合う全国裁判官懇話会が開催されました。その世話人も務めた矢崎さんにはその活動の経過の一端も語っていただく予定です。
裁判員制度の発足で市民の裁判への関心が高まり、政権交代によって司法がどのように変わるのかが注目される中での講演会になります。多くの方々のご来場をお待ちしています。

日 時:2009年11月18日(水)午後6時〜9時
会 場:伊藤塾東京校
参加費:500円(ただし、法学館憲法研究所賛助会員は300円、伊藤塾塾生および学生は無料)
主 催:法学館憲法研究所
後 援:伊藤塾

(法学館憲法研究所事務局)

<講師プロフィール>
東條宏さん:前橋地方裁判所判事等を歴任。現在、弁護士。
矢崎正彦さん:仙台高等裁判所秋田支部長等を歴任。現在、弁護士。


 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]