法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

事務局からのお知らせ

 

中高生向け映像教材「憲法を観る」が広がる

2010年9月6日

 法学館憲法研究所が普及を進めている中高生向け映像教材「憲法を観る」が全国の学校に広がっています。
 生徒たちからも次のような感想が多数寄せられています。

「憲法は多数派の意見に歯止めをかけて少数派の意見を守るものということがこのビデオを見てとてもよくわかりました。『民主主義』にも欠点とかあるんだなぁーと思いました。だから憲法というものができたということもわかりました。イラク戦争への派遣を国民の3200人によってやめることができたのは本当にすごいと思いました。このことから憲法を上手く使うために、一人ひとりが社会に対して自分で考えて行動することが大事なんだということがわかりました。」
「憲法はいろいろと難しい部分も多いけれど、私たちの人権を守ってくれるものなので積極的に調べたりしてもっと詳しく知りたいです。」
「このビデオを見て私は、憲法が何故あるのかという理由が良くわかることができました。私は最初、憲法はみんなが守って、ただ、あるものだと思っていました。でも、今回授業やビデオで教わったことは、私が思っていたよりずいぶん違っていて少し驚きました。憲法はいろんな場所で使われて、多数意見があってもゆるむことがない、国にも国民にも大事なことがわかりました。」
「憲法は大きな力を持っているんだなと思いました。憲法があるから『日本』が成り立っているんだなと思うと、憲法は絶対になければいけないんだと思いました。なので、私も少しずつでも政治に対して関心をもてたらなと思いました。新聞やニュースなどまめに見られるようにして、今、何が起きているのかを、いつでも知っていられるようにしたいと思いました。」
「授業でもやりましたが、憲法を守るのは国民ではないということが改めて良くわかりました。政治家などの人たちが戦争をしようと勝手に決めては困るし恐ろしいと思いました。政府のやっているまちがったことは、憲法を使えば、政治家などの人々に国民が注意することができるということを知りました。今までは憲法のことをあまり気にすることもなく活用しようと思わなかったし、憲法は本当に役に立つのかと私は思っていました。ですが、このビデオを見て、政府のやり方がまちがっている時に憲法を使えば憲法が大きな力を発揮することができるんだなと思いました。国民にとって憲法はとても大切なものだと感じました。」
「国民、私達の権利が侵害されそうになった時、憲法は使わなければならないとビデオの中で言っているが、その権利が侵害されるようなことが水面下でおこなわれているとしたら、私達は知らず知らずのうちにその法が可決されることになってしまう。だから、マスコミなどを批判的に見ようと言うが、マスコミなどがそういう情報をもっと取り上げてほしいとも思った。実際、今、そういうことがやられているので、もし、その法が可決されたら、私も憲法でたたかっていきたいと思った。そして自分達のよりよい暮らしを勝ちとりたいと思う。」
「憲法は私にとっては関係ないと思っていたけれど、とても私達に関係あると初めて知りました。多数決も多い方の意見が正しいと思っていたけれど、多数派の意見が間違っていて少数派が正しい場合もあるということを知り、多数決についての意見が変わりました。」
「テロツプや当時の映像などもありとてもわかりやすいビデオだなと思いました。授業でやったこともでてきたし、ヒトラーの時を例にした説明や中学のときに勉強したこともあり見飽きることなく見られました。」

 生徒たちの感想等は下記ページで紹介されていますので、ご覧ください。
感想等が紹介されているページ@
感想等が紹介されているページA
感想等が紹介されているページB
感想等が紹介されているページC

 教材については教育関連新聞社にも紹介されています。こちら@A
 中学・高校での憲法教育への期待や問題提起も各界から寄せられ、毎週発信されています。こちら
 法学館憲法研究所は、中学校・高校の社会科等の教員のみなさんとともに、憲法の考え方を子どもたちに伝えるとりくみをすすめていきます。
(法学館憲法研究所事務局)


 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]