法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

事務局からのお知らせ

 

『日本国憲法と裁判官 −戦後司法の証言とよりよき司法への提言』刊行のご案内

2010年11月4日

 「1970年代前半、裁判官に対する激しい政治的干渉は「司法の危機」といわれた。この時代を体験し、良心と独立を守り続けた30人の元裁判官が、その歴史と自らを語る珠玉の証言集。」
 2009年から法学館憲法研究所が講演会「日本国憲法と裁判官」を連続開催し、元裁判官に語っていただきました。その講演録集が刊行の運びとなりました。A5判で476ページ、定価は2,940円(本体価格2,800円)です。
 この本は法学館憲法研究所でも取り扱います。お申し込みは、お名前、住所、電話番号、注文冊数をご記入の上、法学館憲法研究所までメールもしくはFAX(03−3780−0130)でご連絡ください。代金を振り込む郵便振替払込書とともにお送りします。代金は本が到着した後、郵便振替払込書でお支払いください(送料については、三冊以上お求めの方の送料は研究所で負担させていただきます。二冊までお求めの方は送料をお買い求めいただく皆さんにご負担いただきます)。

 この本の目次は次のとおりです。

序 章 …守屋克彦
第1章 裁判官と平和主義
 日本国憲法の平和条項と裁判官…石松竹雄
 日本国憲法と裁判官の生き方…安倍晴彦
 憲法九条と裁判官そして司法の民主化…下澤悦夫
第2章 裁判官のあり方
 法律家として誰のために働き、考え、生きるか…花田政道
 ある一人の法律家として…福島重雄
 裁判官の独立…山口 忍
 裁判官生活を振り返って…東條 宏
 憲法の求める裁判官と最高裁が求める裁判官…丹羽日出夫
 『戦後裁判官物語(全10巻)』の執筆をめぐって…梶村太一
第3章 民事裁判にかかわって
 裁判官生活を振り返って…大石貢二
 裁判と正義――心の中の憲法…井垣敏生
 民事裁判に携わって…園田秀樹
 裁判官のともしび――全裁懇に支えられて過ごした一裁判官の軌跡…矢崎正彦
第4章 刑事裁判にかかわって
 なぜこんなに遅れたのか――冨士茂子再審事件…山田真也
 刑事裁判について…堀内信明
 良心論と量刑論…須藤 繁
 事実認定の実際と裁判員裁判への期待…虎井寧夫
 えん罪の原因を探る…安原 浩
 自白強要の刑事司法からの脱却…伊東武是
 裁判官生活を振り返って…有満俊昭
第5章 司法の危機、そして司法改革
 司法の危機前後――私の裁判官時代…宮本康昭
 宮本判事補再任拒否をめぐって…鈴木經夫
 裁判所の民主化…喜多村治雄
 裁判所におけるジェンダーバイアス――女性裁判官の視点から…浅田登美子
 裁判官の良心、司法の独立及び司法行政…和田忠義
 法曹43年の雑感――裁判官像と司法制度改革…北澤貞男
 失敗という視点からみた裁判と司法行政…石塚章夫
 ある民事裁判官の思い…小林克美
 裁判官と職権の独立及びロースクールの現状について…山口毅彦
(資料)
戦後の裁判所、裁判官をめぐる主な動向(1947年〜2009年)

 

 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]