法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

事務局からのお知らせ

 

浦部顧問の講演録「最高裁は変わったか? −判例分析から」が「法と民主主義」誌に掲載

2011年5月30日


 法学館憲法研究所・浦部法穂顧問(神戸大学名誉教授)の講演録「最高裁は変わったか? −判例分析から」(2011年4月22日に講演)が「法と民主主義」2011年5月号に掲載されました。
 浦部顧問はこの講演で、最近10年間の最高裁での45件の憲法関連判例を詳細に分析した上で、その特徴として「イデオロギー的対立にコミットしない範囲では、日本国民の権利保障という点に関する限りは、純粋法律論的な枠組みを貫こうという姿勢が見えるのではないか」「しかし、そうではあっても、ひとたびイデオロギー的対立にかかわる事件になると、イデオロギー的主張、つまり左翼的主張に有利な判断はしないという姿勢は、従来どおり堅固に貫かれていると言えます。それから外国人に対して冷淡という点も変わっていません」などと分析しました。
 45件の裁判とその内容、判決の要旨、反対意見、担当裁判官、などの一覧表には高い資料的価値があるでしょう。
 こんにちの最高裁などの裁判所の動向を理解する上で、憲法関連裁判に関わっている方々にはもちろんのこと、多くの方々に読んでいただきたいと講演録です。
 (法学館憲法研究所事務局)

* 法学館憲法研究所ではこの間浦部顧問を中心に公共訴訟研究会を開催したり、憲法関連裁判で浦部顧問が意見書を提出したり、証言するなどしてきました(たとえば「日の丸・君が代訴訟」。これまでの浦部顧問の主な意見書等はこちら「法学館憲法研究所報」(創刊号)には浦部顧問の論文「憲法訴訟の意義と現状および課題」を収載しています。
 浦部顧問は当サイト「憲法時評」でも、たびたび裁判所をめぐる問題状況を分析・提言をしています(たとえば「国旗・国歌強制のほんとうの問題」、「憲法を知らない裁判官」、「公務員の政治的行為」、「一票の格差」)。
 法学館憲法研究所は浦部顧問を中心に、裁判の場でも憲法が正しく適用されるよう今後ともとりくみを進めていきます。




 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]