法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

事務局からのお知らせ

 

震災・原発問題の書籍・論文や映画など、情報発信中!

2011年10月10日


 震災・原発問題への人々の関心が高まっている中で、当サイトでも関連書籍・論文や映画の情報などを多面的に発信しています。ご案内します。(法学館憲法研究所事務局)

<憲法関連書籍・論文情報>
論文「被災者に対する『公的支援』と憲法」
論文「『個人の尊重』を考える」
論文「『反・平和主義』の五〇年」
書籍『福島 原発震災のまち』
書籍『水俣の教訓を福島へ −水俣病と原爆症の経験をふまえて』
書籍『これでいいのか 福島原発事故報道』
書籍『福島原発事故—どうする日本の原発政策』
特集「東日本大震災・原発災害特別編集」

<シネマDE憲法>
映画「日本沈没」
映画「ありがとう」
映画「チェルノブイリ・ハート」
映画「ミツバチの羽音と地球の回転」
映画「祝の島」
映画「東京原発」

<今週の一言>
「ビキニ事件と福島の原発事故」大石又七さん(ビキニ水爆実験被爆者・元第五福竜丸元乗組員)
「脱原発弁護団全国連絡会結成と原発訴訟参加の呼びかけ」只野靖さん(弁護士・脱原発弁護団全国連絡会事務局長)
「原発がもたらす憲法破壊」山崎久隆さん(たんぽぽ舎副代表 劣化ウラン研究会代表)

「『福島原発事故─どうする、日本の原発政策』(かもがわ出版)を書いて」安斎育郎さん(「安斎科学・平和事務所」所長)
「最大の不公平税制、消費税を震災復興財源にあててはならない」湖東京至さん(元静岡大学教授・税理士)
「浜岡原発をついに止めた!!」河合弘之さん(浜岡原発差止訴訟弁護団長)
「東電原発事故被災者の苦悩と怒り」中里範忠さん(20キロ圏内の被災者)
「『きみはサンダーバードを知っているか』を知っているか?」愛敬浩二さん(名古屋大学大学院法学研究科教授)
「福島原発事故の現状とこれからの課題」舘野淳さん(核・エネルギー問題情報センター事務局長)
「東日本大震災に寄せて − 止まった時計を眺めながら」神坪浩喜さん(弁護士−仙台弁護士会所属)

* 当研究所は、11月3日(木・祝)に、福島第一原発事故をもたらした東日本大震災の被災者支援や地域の復興について憲法の視点で考えるシンポジウムを開催します。ご案内します。こちら



 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]