法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

事務局からのお知らせ

 

『憲法時評 2009-2011 震災、普天間、政権交代、などなど』に早くも反響!

2011年11月14日



 法学館憲法研究所の浦部法穂顧問の新著『憲法時評 2009-2011 震災、普天間、政権交代、などなど』への反響が広がっています。
当サイトの「今週の一言」のページに田中祥貴・信州大学准教授による書評を掲載しましたが、次のような感想も寄せられています。ご紹介します。(法学館憲法研究所事務局)

(市民の方から)
 浦部先生の「憲法時評」はいろいろな社会問題の見方への針路を示してくれる。私はいつも浦部先生の論評を読みながらマスメディアの情報に接している。いつもホームページでも見ているが、読みやすい本になった。各テーマについて鋭い指摘ながらも短い文章なので、空いた時間を利用してどんどん読める。

(弁護士の方から)
 最近の問題をどのように憲法的にとらえたらよいのかもやもやしていたのですが、大変参考になりました。特に、裁判員裁判、大阪の橋本知事の君が代条例など大変共感するものであります。

(大学教員の方から)
 浦部先生による時評は、早稲田の水島先生の「直言」とともに、現在を見る(診る)自己の「視点」に揺らぎがないかを再確認するために役立てさせていただいています。




 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]