法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

事務局からのお知らせ

 

水島教授の講演(9/15)に期待広がる!

2012年8月20日


 リレー対談第1回「平和と憲法 − "武力なき平和"のリアリティ」での水島朝穂教授の講演と浦部法穂・法学館憲法研究所顧問(=神戸大学名誉教授)との対談への期待の声が広がっています。対談は事前予約制になっていますので、お早めに予約をしていただきたく、あらためてご案内します。

 尖閣諸島や竹島をめぐる中国・韓国との緊張関係が懸念される状況となっています。一方で東アジアの平和を求める諸国民の声は強く、ここに依拠しつつ、問題を冷静かつ平和的に解決していきたいものです。米軍基地に関わる沖縄の負担が続き、またオスプレイの沖縄および日本への配備などはこうした諸国民の願いに逆行するものとして、日本政府も追いつめられつつあります。
 こうした状況の中で、憲法の平和主義に関わる第一人者・水島教授が示す"武力なき平和"のリアリティが注目されるようになっています。
 以下、今回のリレー対談「平和と憲法 − "武力なき平和"のリアリティ」に関わる関連情報をご案内します。

 水島朝穂「平和憲法のメッセージ」
 水島朝穂「今週の『直言』」
 以下、当サイトでの水島朝穂教授の著書の紹介
  書籍『武力なき平和 −日本国憲法の構想力』
  書籍『東日本大震災と憲法 − この国への直言』
  書籍『同時代への直言 −周辺事態法から有事法制まで』
  書籍『18歳からはじめる憲法』
  書籍『長沼事件 平賀書簡 −35年目の証言』
  書籍『時代を読む――新聞を読んで 1997-2008』
  書籍『憲法「私」論――みんなで考える前に ひとりひとりが考えよう』
  書籍『改憲論を診る』
  書籍『オキナワと憲法 〜 問い続けるもの』
  書籍『改憲は必要か』
  書籍『グローバル安保体制が動きだす―あたらしい安保のはなし』



 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]