法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

事務局からのお知らせ

 

「憲法教育の目的、目標、内容、方法  ―これまでの到達点をふまえつつ考える」

2013年4月15日

 『生徒と学ぶ憲法教育 −平和主義、生存権、法教育』(全国民主主義教育研究会編、2013年4月、同時代社から刊行)に大川仁・法学館憲法研究所事務室長の標題の論稿が掲載されました(こちら)。
 法学館憲法研究所は中高生向け映像教材「憲法を観る」の製作にあたり、その普及を進めていますが、そのWEBサイトでは、憲法学者や教育学者の方々などに中学・高校での憲法教育について多面的に問題提起していただいてきました(こちら)。論稿ではそこでの分析・提言などを紹介しつつ、中学や高校などでの憲法教育の目的、目標、内容、方法について問題提起しています。
 憲法「改正」への動きが進んでいる中で、中学生・高校生に憲法の内容と趣旨を正しく理解してもらう教育への期待がいよいよ高まっています。中高生向け映像教材「憲法を観る」がさらに多くの学校で活用されるとともに、当研究所の伊藤所長(=伊藤塾塾長)の『中高生のための憲法教室』(岩波ジュニア新書)や小説『憲法が教えてくれたこと − その女子高生の日々が輝きだした理由』(幻冬舎ルネッサンス)を多くの中高生に広げていきたいと思います。
 (法学館憲法研究所事務局)

 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]