法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

事務局からのお知らせ

 

日本の改憲問題をアジアの視点で考える
   − 金英丸さんの講演、DVD「STOP戦争への道」上映(5月27日)

2013年6月3日


PDF

 5月27日、法学館憲法研究所はシリーズ「憲法と共に歩む」製作委員会とともに講演会「日本の改憲問題と日韓関係」を開催しました。そこではDVD「STOP戦争への道」の完成披露上映も行いました。
 講演会では韓国・平和博物館の金英丸(キム・ヨンファン)さんが講演し、強制連行され日本の地で亡くなった朝鮮人の遺骨を収集・返還するとりくみ、北朝鮮の子どもたちの生活を支援するとりくみ、などの経験を紹介しながら、東アジアの平和の構築には歴史に向き合いながら、国境を超えた人々の交流が鍵になること、日本の改憲問題も東アジアの人々との関連で考える必要があること、などを語っていただきました。
 金英丸さんの講演、DVD「STOP戦争への道」について、参加者から次のような感想が寄せられました。

<金英丸さんの講演の感想>
「韓国・北朝鮮・中国をはじめとしたアジアの存在を抜きにして憲法を語ることはできない、との思いを強くした」
「韓国・中国の人々のことを理解するには民間レベルの交流が重要だということが理解できた」
「人々の行き来のお話が新鮮でリアル」
「日本の憲法を守っていくことの大切さを再認識した」
「非常にわかりやすく具体的な話でよかった」

DVD「STOP戦争への道」の感想>
「改憲問題の本質をわかりやすく映像化。仲間に広めたい」
「従軍慰安婦問題なども取り上げておりタイムリー。映像による説得の力はやはりすごい。映像の中での"日本の憲法9条は、日本だけの問題ではない"という韓国の市民の声に改めて励まされる」
「おもしろく、わかりやすかったです。たくさんの人に観てほしいです」
「要点がコンパクトにまとまっていて、見やすかった」
「今日に至るまでの(戦争への道への)経過がよくわかりました。国民は安倍自民党に騙されてはならないと強く思いました」
「海外の人々の目で見ると日本のおかれている状況がわかると思った」
「戦争の音が聞こえるラストシーンの響きが胸に残ります」
「第二次大戦後の憲法が一国ではなく多国間の関係の中でできたこと、日本国憲法もアジアの近隣諸国との約束ともいうべき、との指摘が重要と思いました」

 DVD「STOP戦争への道」が完成しました。当研究所はその普及のための事務局を担当します。このDVDを広げるために、読者のみなさんにもご協力いただきたく、よろしくお願いします。
(法学館憲法研究所事務局)



 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]