法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

事務局からのお知らせ

 

高校生が法学館憲法研究所で校外研修

2013年7月15日


 7月5日、法学館憲法研究所はある県立高校の校外研修として3人の高校2年生の訪問を受けました。
 来所した高校生たちはまず、「憲法96条の改正についてのニュースでいろいろな主張は紹介されるけれども、自分なりの考え方を整理したい」「法学館憲法研究所のホームページは充実していて、直接いろいろと聞いてみたいと思った」などと述べ、学習テーマと訪問先を決めた動機・目的などを語ってくれました。
 当研究所が高校生たちに、「そもそも近代憲法のもっとも重要な役割は何だろう?」と問いかけると、「国民の人権を守るために国家権力を制限するもの」という答えが返ってきて、よく勉強していると感心することになりました。そして、「憲法の役割についてはどこで学びましたか?」と聞くと、「伊藤真先生の本で学びました」と答える生徒もいました。
 その後憲法改正のための要件が法律を制定・改正する要件よりも厳しいのは憲法の本質的な役割から当然であることなどを説明しました。
 生徒たちは憲法9条の「改正」が叫ばれていることへの危惧も表明されました。「憲法を変えて軍隊を創設したら日本への国際社会の評価が変わってしまうのではないか」「武力を行使するという発想自体を吟味する必要があると思う」などと語ってくれました。
 最後に、当研究所は生徒たちに憲法とその改正について参考になる書籍やWEBサイトを紹介し、今後も憲法について大いに学び考えて欲しいことを伝えました。
 当研究所は引き続き高校生の校外研修に協力していくことにしています。
 (法学館憲法研究所事務局)



 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]