法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

事務局からのお知らせ

 

公開研究会「集団的自衛権の違憲性」(2015年1月31日)のご案内

2014年12月4日


PDF

 安倍政権による集団的自衛権行使容認の閣議決定(2014年7月1日)は日本国憲法の平和主義の考え方を根本的に覆すものです。その意味を市民の立場で憲法理論に立ち返って検証するとともに、それに市民がどう対抗していくかを探求します。多くの方々にご参加いただきたく、ご案内します。
 (法学館憲法研究所事務局)

【日時】 2015年1月31日(土)15時〜17時30分
【会場】 伊藤塾東京校(JR渋谷駅南改札西口徒歩3分)
      (地図はこちら
【内容】 あいさつ 伊藤真(法学館憲法研究所所長・伊藤塾塾長)
講演「集団的自衛権具体化を阻む課題・展望」
 川口創(弁護士・イラク派兵差止訴訟弁護団事務局長)
ミニ講義「自衛権というものの憲法理論」
 浦部法穂(法学館憲法研究所顧問・神戸大学名誉教授)
各団体からの発言
【参加費】 1000円(法学館憲法研究所賛助会員・伊藤塾塾生・学生は500円)
【定員】 70人(先着順・事前に法学館憲法研究所にメールもしくはFAX(03-3780-0130)でお申込みください)
【主催】 法学館憲法研究所(後援:伊藤塾)

川口創さん
弁護士。川口さんは政府が自衛隊をイラク戦争に派遣したことは違憲とする訴訟の弁護団事務局長として3,000人を超える市民=原告とともにたたかい、名古屋高裁で違憲判決(2008年)を勝ち取りました。今回こうした経験も交えながら、政府の憲法破壊の動きに対する市民の活動について問題提起していただきます。近著に『「立憲主義の破壊」に抗う』(2014年7月、新日本出版社)があります。

浦部法穂さん
法学館憲法研究所顧問・神戸大学名誉教授。日本を代表する憲法学者の一人として、市民の立場から多くの有力な学説を提起。『憲法学教室 全訂第2版』(2006年、日本評論社)はその集大成として好評を博しています。

 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]