法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

事務局からのお知らせ

 

『伊藤真が問う 日本国憲法の真意』に反響

2015年6月8日

 法学館憲法研究所編、森英樹・水島朝穂・浦部法穂・伊藤真著『伊藤真が問う 日本国憲法の真意』(2015年4月、日本評論社から刊行(が広がっています。読んだ方々がこの本をWEBサイトで紹介してくださったり、また当研究所にご感想を寄せていただいています。特徴的なものをご紹介します。
 (法学館憲法研究所事務局)

■大変分かりやすく、知的刺激にみちた憲法論が展開されている本です。はじめに伊藤真弁護士が問題提起をして、それに3人の憲法学者がこたえて自説を述べていくという形式です。それぞれ議論が発展していくのが面白い趣向です。
■伊藤所長と3人の憲法学者各々との学問的応対が見事で、多くを学ばせていただきました。
■最新のトピックに関連づけての、議論の展開に非常に多くの示唆を頂戴しました。
■憲法が否定される時代です。この書の役割は大きいものと思います。
■目次の3部構成(第1部 統治システム、第2部 平和主義、第3部 人権)から憲法前文第一段落の読み方について以前に承りました伊藤先生の御説明を想起しております。即ち、〔日本国民が、政府に二度と戦争をさせないため(平和主義)、国民が自由に生活できるようにするため(基本的人権の尊重)...、そのための『国民主権』〕。



 

 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]