法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

事務局からのお知らせ

 

2015憲法フォーラム第1回「憲法の平和主義を突き詰めて考える」を開催(2015/6/6)

2015年6月15日





 2015年6月6日、法学館憲法研究所は2015憲法フォーラム第1回「憲法の平和主義を突き詰めて考える」を開催しました。
 今回のフォーラムは、集団的自衛権行使容認など安保法案をめぐって、国会で憲法学者それは違憲だと表明する緊迫した情勢の中で開催されました。
 冒頭、伊藤真・法学館憲法研究所所長は、安倍政権の安全保障政策や安保法案について解説し、その国民生活への影響、北東アジアの平和のために日本や日本国民のめざすべきことなどを語りました。
 次に水島朝穂・早稲田大学教授は自衛隊の海外活動を大幅に広げる安保法案の危険性を明らかにするとともに、それが政府の長年の憲法解釈を転換させたことなどからの矛盾を指摘しました。近著『ライブ講義 徹底分析! 集団的自衛権』が国会議員の質問に活用されている状況も紹介されました。
水島教授は平和主義を突き詰めて考える視点として、日本国憲法の規定にもとづく「武器なき平和」の意義と可能性、それを実現していく展望なども話されました。
 参加者からは次のような感想が寄せられました。
(法学館憲法研究所事務局)

「戦争につながる集団的自衛権行使容認が、閣議決定等でどんどん迫られて、空気も変わっていき、無力感にさいなまれていたが、水島朝穂先生の講演を聞いて、勇気100倍。今日ここに来られて本当によかった。すべての日本国民に聞いていただきたい講義」
「最近の情勢を楽しく勉強することができました。また、声を上げて活動していくことの重要さをあらためて自覚することができ、また勇気をもらいました」
「伊藤先生も水島先生もエネルギッシュで熱っぽく語られ圧倒されるようでした。力を与えていただきました」
「今まさに知りたいことがテーマでし、タイムリーな企画です。伊藤塾長さんの講演、水島教授の講演で、今市民が何をすべきか、少しわかった気がします」

次回の2015憲法フォ−ラム第2回(7月3日(金)18:30〜)のご案内はこちらです。

水島教授の著書『ライブ講義 徹底分析! 集団的自衛権』の紹介はこちらです。

 

 

 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]