教員が集う 中高生のための映像教室 『憲法を観る』
 
 
トップページ 憲法教育を考える わたしたちの24条の会
 
わたしたちの24条の会
2011年2月21日
阪本美知子さん(「わたしたちの24条の会」事務局)
 

■結成したいきさつ
「わたしたちの24条の会」という会を立ち上げ、奈良で活動を始めて5年余りになります。9条の会ではなく、14条の会でもないのはなぜかと問われたこともあります。結成したのは2005年10月ですが、その前の2004年6月に自民党は憲法改正についての論点整理(案)を出して、9条だけでなく「24条は家族や共同体の価値を重視する立場から見直すべきだ」とターゲットにしてきました。「個人の尊厳と両性の平等」を謳った24条も改正しようとしていることに危機感を持ったのがはじまりです。

バラのクリアファイル

「個人」より「家族」、「家族」より「国家」が大切という考え方は、戦前の家父長制社会の支柱であり、戦争ができる国づくりにつながるものだと考えました。憲法改悪の問題は9条だけが注目されていますが、戦争のできる国になるためには、競争に打ち勝つ強さや家父長的な力による支配、男らしさは不可欠です。「国のために戦う男性とそれを支える家庭的な女性」という、深くジェンダーに刻まれた家族を、あるべき家族の姿として再構築したいというのが24条改悪の狙いだと思います。
「憲法9条と憲法24条は表裏一体の関係」ということを多くの人に理解してもらいたい、と「わたしたちの24条の会」の結成を呼びかけたところ、男女合わせて100人くらいの人が賛同者に名を連ね、吉武輝子をお招きした結成の集いは多くの人で熱気にあふれました。

■学習会・ピースセミナー
  その後の取り組みは、「平和と男女平等、女性の人権」をキーワードに連続学習会やピースセミナーを開催してきました。24条に直接かかわる内容では、ベアテさんのことがあります。ベアテ・シロタ・ゴードンさんというアメリカ人女性が日本国憲法の草案に深く関わり、男女平等の出発点となった24条を書いたということは長い間公表されていませんでした。「私は男女平等を憲法に書いた」というドキュメンタリーを制作した方を講師に学習会を開催しました。
  24条を知ることから始めて、だんだんと憲法の理念が活かされていない沖縄の現実、在日外国人の状況、ワーキングプアと戦争のつながりなどにテーマは及びました。

■コンサートの開催
  堅苦しい学習会ばかりではなく、もっと多くの人に憲法や男女平等のことを知ってもらいたいとコンサートも企画しました。
「会沢芽美 ふれ愛コンサート(2006年5月7日)」では、沖縄の基地や人権の問題を歌を通じて訴えられました。アンケートでは、いままでこういう問題に関わってこなかった人も参加してくれたことがうかがえました。
「吉岡しげ美 ハートフルコンサート(2007年5月3日)」では、金子みすゞや茨木のり子の詩がさらに輝きを増して聞く人の心に届けられました。人のやさしさや命を慈しむこころが平和の原点、あなたはあなたのままでいいというメッセージに元気づけられました。

■ピースシネマ 映画「冬の兵士〜良心の告発〜」上映(2010年8月1日)
多くの人にとってイラク戦争はもう忘却のかなたにあるのかもしれません。イギリスやオランダでイラク戦争の責任を検証が進んでいる中、日本では何が起きているのか報道されないまま、日本政府の責任を問うことなく7年がたちました。イラク帰還兵が語る戦争の真実を聞いてほしい、と「冬の兵士」上映会を企画しました。

■ピースウォーク
「わたしたちの24条の会」を結成して5年たち、もう少し外向きに存在をアピールしようということで、2010年12月24日、ピースウォーク&キャンドル集会を行いました。たった13人でしたが奈良ではメインのデモコースを横断幕持って歩きました。手作りキャンドルは夕闇に映えて美しく、参加した人数が問題ではないとあらためて感じました。

■今後に向けて
  女性の権利が憲法で保障され、「女性差別撤廃条約」や「男女共同参画社会基本法」によって男女平等は形の上では進んできましたが、まだまだ現実とは大きなギャップがあります。男女の賃金格差をはじめ、国会議員に占める女性の割合、女性の管理職の割合などのGEM(ジェンダーエンパワメント指数)は日本がとても低く、生きにくいと感じている女性が多いのではないでしょうか。また民法の差別規定(@結婚年齢の男女の違い、A女性のみ再婚禁止期間、B夫婦同姓の強制)もなかなか改正に向いません。
  わたしたちは日本国憲法24条に謳われた「個人の尊厳と両性の平等」が本当に実現できる社会を願っています。そして男女平等は平和な社会でないと実現できません。
  ひとりひとりの力は弱いけれど、そこを出発点に「平和と平等」の共感の輪が広がることを願いながら、これからも歩みを続けていきます。

 
【阪本美知子(さかもとみちこ)さんのプロフィール】
「わたしたちの24条の会」事務局