法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

憲法情報Now<シネマ・DE・憲法>

 

映画「武士の家計簿」

H・O
                              

 江戸時代の加賀藩の財政実務を担当した武士の仕事ぶりを描いた映画です。
 家計でも国家財政でも、収支の状況に目を向け、財政計画と予算を具体化し、それを厳格に実施することは大事なことです。そのことをあらためて知らしめてくれる作品です。マニフェストに掲げた財政政策を十分に実行できずに国民からの反感を招いている現政権への痛烈な問題提起になっています。
 日本国憲法は福祉と平和のための社会づくりを目指しており、政府は国民の税金の無駄遣いはせずに、国家財政は福祉と平和のためにこそ実効的に使わなければなりません。この映画を通してそのような議論が広がることを願います。

【映画情報】
2010年作品。全国各地で上映中。
上映時間:129分
監督:森田芳光
出演:堺雅人、仲間由紀恵、松坂慶子、西村雅彦、など
公式サイト


 
                              

 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]