法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

憲法情報Now<シネマ・DE・憲法>

 

映画「ゆきゆきて、神軍」

T・T
                              

 この作品は、元日本兵の奥崎謙三氏が、太平洋戦争敗戦時にパプアニューギニアで何が起きたかを検証するドキュメンタリーです。
 奥崎氏は、当時「戦病死」したとされるある日本兵が、実は日本兵によって射殺されていたという事実を追います。奥崎氏はそれに関ったとされる元日本兵の家を次々と訪問し、さらに戦争がもたらすおそろしい真実が明らかになります。おそろしい真実とは・・・。
 この作品は、戦争というものが人間をどう変質させてしまうのか、そして戦後も人をいかに苦しめるのかを、観る人に強烈に問いかけます。
日本国憲法9条で戦争放棄が定められていることの意義をあらためて考える機会になりました。

【映画情報】
制作年:1987年
上映時間:122分
監督:原一男
出演:奥崎謙三・シズミ夫妻、ほか

* DVDは販売・レンタルされています。

* この映画は以前当ページで紹介したさしさわりのある映画特集(2011/1/22〜2/4、東京・渋谷アップリンクファクトリー)にて、2月1日、4日に上映されます。こちら

 
                              

 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]