法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

憲法情報Now<シネマ・DE・憲法>

 

映画「チョムスキー 9.11 Power and Terror」

Y・S
                              

 この映画は、言語学者ノーム・チョムスキーが、ブッシュ政権下のアメリカで2002年に行われた講演の記録とインタビュー映像で構成されたドキュメンタリー映画です。
 当時、アメリカが「テロとの戦い」にひた走る中、日本では改憲論が吹き荒れていました。
 今日までの間に、アメリカでは大統領が交代し、日本では政権交代が実現しました。
 両国の平和をめぐる状況は前進したのでしょうか。
 日本の平和状況の縮図ともいえる沖縄は、昨年普天間基地移設をめぐる騒動の渦中に置かれました。歴史的に日本の政治の不公正にさらされて来た沖縄に、また一つ悲しい歴史を刻んでしまった出来事でした。
 当研究所の伊藤所長が主宰する伊藤塾は、毎年沖縄スタディーツアーを実施し、関係者の生の声を聞いて、現場を感じてもらう機会を提供しています。沖縄の方々の、憲法に懸ける思いを感じる機会にもなっています。沖縄の方々の心の中に今も吹く「鉄の暴風」を鎮める機会にもならんことを願ってやみません。

【映画情報】
制作年:2002年
上映時間:71分
監督:ジャン・ユンカーマン
出演:ノーム・チョムスキーほか
公式ページ

* この映画の監督であるジャン・ユンカーマン氏には、以前当サイトの『今週の一言』のページで「戦争が終わるとたんに忘却が始まる」と語っていただきました。
 ジャン・ユンカーマン氏と伊藤所長による「憲法対談」の講演録が「法学館憲法研究所報」第4号に掲載されていますので、ご案内します。

 
                              

 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]