法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

憲法情報Now<シネマ・DE・憲法>

 

映画「ミツバチの羽音と地球の回転」

T・T
                              

 山口県祝島住民の原子力発電所建設反対運動と、スウェーデンでの脱原発=「持続可能な社会」をめざす地域住民たちを描いた映画です。
 祝島で、電力会社の社員から「第一次産業だけで島がよくなると思いますか」と問われた住民が「島の人間は自分たちの力でがんばっている、世話をやいてもらわないでもいい」と答えたシーンは印象的でした。
スウェーデンのオーバートオーネオという街では地域自立型のエネルギーを創り出すために風力発電など様々な工夫・努力が進められています。
祝島やオーバートオーネオのとりくみは、全地球的にみれば、タイトルにある「ミツバチの羽音」のように小さいものかもしれません。しかし、世界中の地域が原子力に頼らない、持続可能な社会をめざすとりくみは、地球の未来(「地球の回転」)にまで影響を与える可能性を示しています。
 持続可能な地球環境を求める人々の権利=環境権は日本国憲法第13条の幸福追求権と第25条の生存権の規定を根拠に保護されると解釈されます。その意義を考えさせてくれる映画です。

【映画情報】
制作年:2010年
上映時間:135分
監督:鎌仲ひとみ
上映館:渋谷ユーロスペースにて3月11日まで。以降全国各地で上映。
公式HP

* この映画の鎌仲ひとみ監督には以前、当ホームページにて「地球環境をお金に換算すれば」を語っていただきました。こちら
* 祝島に関わる映画に『祝(ほうり)の島』もあります。以前当ページでも紹介しています。こちら

 

 
                              

 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]