法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

憲法情報Now<シネマ・DE・憲法>

 

映画「亡命」

H・O
                              

 昨年来、民衆の蜂起によって、中東・アフリカのいくつかの国で、長年続いた独裁政権が転覆してきています。いま中国もその動きが気になっていると伝えられます。
 中国では、「言論の自由」などを唱える「08憲章」が発表されましたが、それを起草する中心的役割を果たした劉曉波氏は拘束され続け、「言論の自由」をめぐる緊張関係が高まっているようです。
 この映画は、文化大革命や天安門事件、こうした政治的弾圧の中で、国外への亡命を余儀なくされた知識人・文化人・政治活動家たちの主張などによって構成されたドキュメンタリーです。経済成長によって国際社会への影響力を増している中国において、その人権問題が今後ますます注目されること必至です。

 【映画情報】
  製作年:2010年
  製作国:日本
  監督:翰光
  上映時間:1時間58分
  公式サイトはこちら

* 当研究所は7月9日(土)に日中関係の歴史を検証する公開研究会「日中関係の歴史と未来」を開催しますので、ご案内します。こちら
 これまでの日中関係の歴史を正しく認識しつつ、中国の人々との連帯を広げていく機会にしたいと思います。

 

 
                              

 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]