法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

憲法情報Now<シネマ・DE・憲法>

 

映画「遙かなるふるさと 旅順・大連」

H・O
                              

 記録映像作家・羽田澄子さんは中国東北部、旧満州の都市=旅順・大連で少女期を過ごしました。日中戦争、アジア太平洋戦争の時期です。
 軍事的理由から2009年まで、この地は未開放でした。ようやく開放になり、羽田さんが60数年ぶりに故郷の地を訪れた様子が描かれた作品です。
 旅順・大連は長い期間、ロシアや日本に占領されていました。そこには様々な戦争の爪あとが残っています。しかし、中国の他の都市と同様に、この地にも多くの高層建築が林立するようになっています。中国をめぐる歴史と現在を学べます。
 日中間には政治的な緊張関係がありますが、その友好関係を発展させるカギは両国の市民がそれぞれ相手国の市民のことを知り、その交流を拡大させることだと思われます。映画の中に出てくる、中国に住む普通の人々の生活、中国の人々との会話・交流のシーンなどを観て、あらためて思いを強くしました。

【映画情報】
製作年:2011年。
上映時間:110分。
監督:羽田澄子。
6月11日から7月上旬まで東京・岩波ホールで上映中。こちら

* 当研究所は7月9日(土)に日中関係の歴史を検証する公開研究会「日中関係の歴史と未来」を開催しますので、ご案内します。こちら

 

 
                              

 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]