法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

憲法情報Now<シネマ・DE・憲法>

 

映画「北京の自転車」

H・O
                              

 農村から北京に出てきて自転車宅配の仕事に就いた17歳の青年。仲間たちの間で自転車の曲乗りが流行っていて、中古の自転車を手に入れた17歳の高校生。この2人をめぐって物語がすすむ映画です。
 改革開放政策によって中国にも市場原理が取り入れられて以降、中国の経済力が高まりましたが、富める者とそうでない者の格差が拡大しています。北京という大都市においても貧困者は少なくなく、農村からの出稼ぎに来ている人たちの多くも苦しい生活を強いられています。こんにちの中国社会の実像に触れることのできる作品です。
 中国の経済成長と国際社会における地位の高まりに対して日本はどのような外交政策をとるべきか。アメリカとの関係を重視してきた日本にとっての重要課題です。中国の人々をめぐる実際の状況なども知り、中国などへの侵略を反省して制定された日本国憲法の精神もふまえつつ考えていきたいものです。

製作年:2000年
上映時間:113分
監督:ワン・シャオシュアイ
出演:ツイ・リン/リー・ピン/カオ・ユアンユアン

* 当研究所は7月9日(土)に日中関係の歴史を検証する公開研究会「日中関係の歴史と未来」を開催しますので、ご案内します。

 

 
                              

 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]