法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

憲法情報Now<シネマ・DE・憲法>

 

映画による「戦争と文学」特集(7/30-8/26、東京・神保町シアター)

H・O
                              

 明治時代以降の日本の諸国との戦争の時代を描いた、21の作品の上映が始まりました。日本が朝鮮や中国などのアジア諸国を侵略し、その政策の遂行に国民を駆り立てていった反省をふまえて日本国憲法は制定されました。当時の様子を知り、考える機会になると思われますのでご案内します。(法学館憲法研究所事務局)

【上映期間】7月30日〜8月26日
【上映作品】『暖流』『指導物語』『還って来た男』『陸軍』『この子を残して』『異母兄弟』『父と暮せば』『今ひとたびの』『靜かなる決闘』『本日休診』『下町』『清作の妻』『日本の青春』『不毛地帯』『土と兵隊』『曉の脱走』『眞空地帯』『壁あつき部屋』『拝啓天皇陛下様』『春婦傳』『兵隊やくざ』
【上映館】神保町シアター(東京・神保町)

 詳しくはこちら

 なお、このうち『父と暮せば』は以前当ページでご案内しました。こちら

 

 
                              

 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]