法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

憲法情報Now<シネマ・DE・憲法>

 

映画『南京!南京!』上映会(陸川監督トークショー)−8/21


                              

 史実を守る映画祭実行委員会からの下記情報をご案内します。
 日本が中国などを侵略した過去の反省の上に日本国憲法は制定されましたが、その趣旨を考える機会になると思われます。
 (法学館憲法研究所事務局)

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


PDF

PDF


 南京事件(1937年)から70周年となった2007年前後に、世界各地でこの事件をテーマとした大型の劇映画がいくつも製作されました。『ジョン・ラーベ』(独・仏・中)『アイリス・チャン』(カナダ)『チルドレン・オブ・フォアンシー』(豪・中・独)……。これらの作品は、いまだ日本において商業的に公開されたことがありません。サンセバスチャン国際映画祭(2009年)でゴールデン・シェル賞(最優秀作品賞)・審査員賞(最優秀監督賞)を受賞するなど、国際的にも注目された陸川監督『南京!南京!』も、公開を望む声が多くあるにもかかわらず、日本では公開されないまま今日に至っています。
 そこで私たちは、2009年に開催した上映会(南京事件にかかわる四つの映画作品を一挙上映)につづき、『南京!南京!』の上映実現に向けて動き始めました。紆余曲折はありましたが、ついに今年夏、上映が実現しました。この一日だけの上映です。
 第一回目の上映後、陸川監督を招いてトークショーを開きます。

[ストーリー]
 1937年12月、日本軍による南京攻略が始まった。多くの国民党の兵士が壊走してゆく中、投降を拒否して南京に留まった兵士もたくさんおり、南京のあちこちで絶望的かつ悲惨な抵抗が繰り広げられた。その中に国民党の精鋭部隊の一員であった陸剣熊もいた。しかしながら抵抗は失敗に終わり、数十万の中国人の血によって長江が染まった後、南京は陥落して死の地と化した……

 

【日時】
2011年8月21日(日)
第1回 12:30 上映、15:00 陸川監督トークショー
第2回 16:45 上映

【開催場所】
なかのZERO 小ホール(550席)
東京都中野区中野2-9-7 
[交通]JRまたは東京メトロ東西線の中野駅南口から徒歩8分

【料金】
第1回上映(映画+トーク) 前売り1500円・当日1800円
第2回上映(映画) 前売り1300円・当日1500円

【チケット】  
電話予約カンフェティチケットセンター
0120-240-540(平日10:00〜18:00)
インターネット予約(カンフェティの会員登録が必要になります)
※インターネット又は電話にてご予約いただき、セブンイレブンでの発券となります。代金はチケット受け取りの際にセブンイレブンでお支払いいただきます。
ご予約時に発行される払い込み番号をセブンイレブンのレジにて提示することで、チケットが発券されます。

【主催団体】
史実を守る映画祭実行委員会
nankin-eigasai-owner@yahoogroups.jp

 

 
                              

 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]