法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

憲法情報Now<シネマ・DE・憲法>

 

映画「チェルノブイリ・ハート」

H・O
                              

 東日本大震災による福島第一原発事故に直面する中で、1986年に起こったチェルノブイリ原発事故のことがあらためて注目されています。この映画はチェルノブイリでの事故の被害の甚大さと恐ろしさ、それがいまなお深刻な問題となっていることをまざまざとみせつけるドキュメンタリーです。
 事故によって付近に住んでいた人びとは多量の放射能を浴び、その地域の新生児の85%は何らかの障害を持って生まれています。その多くが生後まもなく世を去り、成長した子どもたちの多くがやがて癌に冒されています。そんな子どもたちの姿が次々と映し出され、いたたまれなくなります。いまそれが福島で再現させられることのないよう祈らずにはいられません。
 チェルノブイリ・ハートとは"穴のあいた心臓"のことで、"生まれつき重度の疾患を持つ子供"を意味するそうです。原発に依存してきた社会を問い返す必要性を考えさせる映画です。

【映画情報】
2003年、アメリカで製作。監督はマリアン・デレオ。上映時間は61分。公式サイトはこちら。全国各地での上映スケジュールはこちら

* 福島第一原発事故は東日本大震災がその原因となりました。当研究所は11月3日(木・祝)にシンポ「震災と憲法」を開催し、震災の被災者支援と復興について憲法の視点で検証します。こちら。ご案内します。

 

 
                              

 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]