法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

憲法情報Now<シネマ・DE・憲法>

 

映画「ありがとう」

H・O
                              

 阪神・淡路大震災(1995年)で被災しつつも、プロゴルファーを目指し、還暦近くに見事に夢を実現した男の物語です。
 映画では震災の凄まじさがリアルに再現されています。倒壊寸前の家の下敷きになった妻を助け出そうとする夫、娘と一緒に早く逃げろと叫ぶ妻のシーンなどは胸に迫るものがあります。街の復興をめぐる人々の努力や苦悩などもえがかれています。広い道路を確保すべきとの意見と役所のいいなりになることを嫌がる気持ちなどが錯綜し、被災者・住民間の合意づくりの難しさを感じるシーンもあります。
 被災者をめぐる厳しい現実の中で、夢を実現していく男の姿に感動するとともに、東日本大震災が発生した今年、この映画を通じても、あらためて震災被害の予防と救援について考えさせられることになりました。

【映画情報】
製作年:2006年
上映時間:125分
監督:万田邦敏
出演:赤井英和、田中好子、薬師丸ひろ子、ほか

* 今年3月の東日本大震災をふまえ、当研究所は11月3日(木・祝)にシンポ「震災と憲法」を開催し、震災の被災者支援と復興について憲法の視点で検証します。こちら。ご案内します。

 

 
                              

 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]