法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

憲法情報Now<シネマ・DE・憲法>

 

映画「日本沈没」

H・O
                              

 東日本大震災での福島第一原発事故は、地震や津波によって日本の他の原発もいつ放射能漏れ事故を起こすかわからない、という恐怖心を人々に突きつけています。
 故小松左京氏の小説にもとづいて1973年につくられたこの映画は、日本列島は地殻変動を起こしやすい地点にあり、沈没する恐れもあると予言しています。日本列島が沈没していく様子が迫力ある映像でえがかれています。
 日本国憲法が戦力不保持を定めていることについて、外国からの攻撃に備え軍隊を持つよう憲法「改正」を求める意見がありますが、日本は他国からの攻撃よりも自然災害に見舞われる可能性の方がはるかに高いといえるでしょう。より備えるべきは、地震や津波への対策であり、もはや安全とはいえない原発への依存の脱却こそ緊急課題ではないでしょうか。この映画を観て、そのようなことをあらためて考えさせられることになりました。

【映画情報】
製作年:1973年
上映時間:140分
監督:森谷司郎
出演:藤岡弘、いしだあゆみ、小林桂樹、ほか

* 当研究所は、11月3日(木・祝)に、福島第一原発事故をもたらした東日本大震災の被災者支援や地域の復興について憲法の視点で考えるシンポジウムを開催します。ご案内します。こちら

 

 
                              

 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]