法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

憲法情報Now<シネマ・DE・憲法>

 

映画「100,000年後の安全」

H・O
                              

 原子力発電所から出される大量の高レベル放射性廃棄物を埋めておく地下の処分場がフィンランドに建設されることになりました。放射性廃棄物はここで10万年間保持されるよう処分場が設計されました。
 このドキュメンタリー映画の中で、本当にそれで安全なのか、将来廃棄物を掘り起こす人もいるのではないか、そもそも10万年後の人類は21世紀初頭の言葉・文字を理解するのか、等々の質問に施設の設計者たち・専門家たちがしどろもどろになる場面が続きます。原子力発電の危険性をじわじわと考えさせられる作品です。
 福島第一原発事故に直面する中で、原発の危険性についての認識を深めていかねばなりません。一人ひとりの命と尊厳の重要性を謳う日本国憲法のもとで、原子力というものにいかに向き合うべきかが、いま問われています。

【映画情報】
製作年:2009年
製作国:デンマーク、フィンランド、スウェーデン、イタリア
上映時間:79分
監督・脚本:マイケル・マドセン
劇場情報は公式サイトで確認してください。

* 東日本大震災は福島第一原発事故も起こすことになりました。当研究所は11月3日(木・祝)にシンポ「震災と憲法」を開催し、震災の被災者支援と復興について憲法の視点で検証します。こちら 。ご案内します。

 

 
                              

 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]