法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

憲法情報Now<シネマ・DE・憲法>

 

映画「あしたが消える −どうして原発?」

H・O
                              

 チェルノブイリ原発事故(1986年)の発生をふまえてつくられたドキュメンタリー映画で、原発のあり方とその存在を問い返す作品です。
 安全な原発をつくらなければならないという自覚と誇りを持って原発づくりに従事していた労働者が52歳の若さで亡くなりました。その娘さんは、父親の死は原発づくりにあたっての放射能汚染によるものではないかと思い、新聞に胸の内を投書しました。一方、原発そのものに反対することは原発づくりに誇りを持っていた父親の考え方を真っ向から否定することになるのではないか、との思いにも駆られます。
 そのような様子を描くこの作品は、原発政策についての製作者の考えを唱えるのではなく、観る人それぞれが自分なりに原発というものを考えてみようと呼びかけるものとなっています。チェルノブイリ事故の現場や日本の原発で働く労働者たちの働く姿などのシーンもリアルに描かれています。

【映画情報】
製作年  :1989年
上映時間 :55分
製作   :平形則安/溝上潔/里中哲夫
構成・演出:千葉茂樹/中嶋裕/田淵英夫/金高謙二
 *公式サイトはこちら

* 当研究所は11月3日(木・祝)にシンポジウム「震災と憲法」を開催します。福島第一原発事故は東日本大震災によってもたらされました。震災復興の最大の課題は被災者の生活再建であり、被災者への個人補償は憲法の要請であることなど、大いに語り合いたいと思います。こちら

 

 
                              

 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]